カスザメ(英名/Angelfish, Monkfish, Fiddlefish)

Scientific Name / Squatina japonica Bleeker, 1857

カスザメの形態写真

全長2メートル前後になる。
カスザメの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長2メートル前後になる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ツノザメ上目カスザメ目カスザメ科カスザメ属

    外国名

    英名/Angelfish, Monkfish, Fiddlefish

    学名

    Squatina japonica Bleeker, 1857

    漢字・学名由来

    漢字 糟鮫
    由来・語源 東京での呼び名。価値のないカス(糟、粕)のようなサメの意味。

    地方名・市場名

    アユ
    場所長崎県大村湾 参考文献 
    エンネン
    場所山口県萩市 
    オーセ オオセ
    場所山口県萩、長崎県長崎市 
    マント
    場所徳島県海部郡海陽町宍喰、長崎県佐世保市、長崎市 
    マントゥ
    場所長崎県佐世保市、長崎市 
    インバ インバネス
    場所福島県、新潟県、高知県 参考文献 

    生息域

    海水魚。水深20〜200メートルの砂地。
    北海道西部〜九州の日本海・東シナ海、岩手県〜九州南の太平洋沿岸、瀬戸内海、沖縄諸島。朝鮮半島、黄海、中国東シナ海沿岸、ピーター大帝湾。

    生態

    基本情報

    多くの地域で雑魚として廃棄されるか、練り製品の原料となる。
    九州などでは湯引きにして味のよい魚として世代によっては人気がある。

    水産基本情報

    選び方

    触って張りのあるもの。粘液が透明で白濁していないもの。

    味わい

    旬は夏?
    皮は非常に硬く取りにくい。骨は柔らかく包丁などで簡単に切れるが、非常に硬い皮に当たると止まる。
    まったくくせのない白身で表面にゼラチン質の膜がある。熱を通しても硬くならず、上質。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 煮る(煮つけ、煮こごり)、湯引き、生食(洗い)、揚げる(唐揚げ)、汁(みそ汁)
    「煮つけ」。体幹部分と鰭の部分は別種の味わいがある。これは鰭の部分。こりこりとした食感がいい。
    「煮こごり」。体幹部分を煮て、身をほぐし煮汁と合わせて流し缶に入れて冷やした。
    「湯引き」。尾の部分を熱湯でゆで硬い皮をこそげ落とした。これを辛子のきいた酢みそで食べる。
    「洗い」。鰭を薄く切り、流水で洗う。梅肉酢で食べて美味である。
    「唐揚げ」。体幹部の軟らかいところの身をみりん、しょうゆに漬け込んで片栗粉をまぶして揚げた。

    好んで食べる地域・名物料理

    佐世保市(長崎県)●湯引きにして食べる。[]

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/石田拓治さん(まる井商店 長崎県長崎市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「カスザメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ