サメガレイの煮つけで骨湯

煮つけよりも「骨湯」がうまい!


「骨湯」とは煮つけを食べた残りを深い器(煮つけの器が深ければそのままでもいい)に入れて、熱湯をそそぐだけという、料理とも言えそうにない料理だ。三重県では「医者殺し」という。

特にサメガレイの煮つけを作ったら、〆の「骨湯」は絶対である。「骨湯」を食すために煮つけを作るごときと考えてもいい。

上品な脂なので汁状にしたときに、溶け出してうま味をより豊かにする。

蛇足だが、意外にもこの「骨湯」でやる酒がうまい。煮つけで酒をやり、「骨湯」でもやる。飲みすぎ注意だ。


関連コンテンツ




サイト内検索

目次