コラム「魚の煮つけで素麺を食べる」

鯛素麺をはじめ


魚の煮つけと素麺は昔ながらの取り合わせだ。魚はマダイなどタイ科のタイが有名だが、何を使ってもかまわない。魚の種類にこだわる必要なない。
愛媛県や滋賀県、長崎県などは有名だと思う。素麺は非常に古くから日本全国で食べられていた伝統食品なので、当然、煮魚で素麺は日本各地で行われているはずである。
作り方は簡単である。魚は丸のままでも、大型魚は一部でもいい。湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。
これを酒・醤油・砂糖・水でこってり甘辛く煮る。上品に煮てもおいしくない。
素麺はゆでてていねいに冷水で洗う。水を切っておく。
皿に煮つけを盛り付け、素麺を盛り付けていく。薬味はお好みで。


関連コンテンツ



サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト