ホソフジクジラ(Shorttail lanternshark)

Scientific Name / Etmopterus brachyurus (Smith and Radcliffe,1912)

ホソフジクジラの形態写真

TL 50cm前後になる。胸鰭内角は第1背鰭よりも前にある。腹鰭上方斑紋の後方に筋状に伸びる。後方に伸びる筋状斑は第2背鰭棘よりも前方から始まり、前方に筋状に伸びる斑よりも長い。
ホソフジクジラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
TL 50cm前後になる。胸鰭内角は第1背鰭よりも前にある。腹鰭上方斑紋の後方に筋状に伸びる。後方に伸びる筋状斑は第2背鰭棘よりも前方から始まり、前方に筋状に伸びる斑よりも長い。腹鰭上方斑紋の後方に筋状に伸びる。後方に伸びる筋状斑は第2背鰭棘よりも前方から始まり、前方に筋状に伸びる斑よりも長い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ツノザメ上目ツノザメ目カラスザメ科カラスザメ属

    外国名

    Shorttail lanternshark

    学名

    Etmopterus brachyurus (Smith and Radcliffe,1912)

    漢字・学名由来

    漢字 細藤鯨
    由来・語源 「細」は尻鰭上にある黒い染みが細く長いため。「藤鯨」は神奈川県三崎での呼び名で不明。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深400〜915メートル。
    千葉県外海域、駿河湾〜土佐湾の太平洋岸、沖縄舟状海盆、沖縄諸島周辺。オーストラリア東岸、ニュージーランド。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/永野廣、昌枝さん(高知市)、『宍喰漁業協同組合』(徳島県海部郡海陽町宍喰)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ホソフジクジラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ