ホシゴンベ(Blackside hawkfish)

Scientific Name / Paracirrhites forsteri (Schneider, 1801)

ホシゴンベの形態写真

SL 22cm前後になる。頭部にドット状の褐色の斑紋が散らばり、体側は背と腹で染め分けされる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ゴンベ科ホシゴンベ属

    外国名

    Blackside hawkfish

    学名

    Paracirrhites forsteri (Schneider, 1801)

    漢字・学名由来

    漢字/星好爺
    由来・語源/頭部に星状の斑紋のあるゴンベ科の魚という意味。「ごんべ」は素朴なオヤジサンという意味。英名「hawk」は鷹なので英名・和名は大違いだ。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。サンゴ礁の浅場。エダサンゴの間。
    三宅島、八丈島、小笠原諸島、和歌山県串本・田辺湾、宇和海、高知県沖ノ島、屋久島、奄美大島、沖縄諸島、南大東島。
    台湾、南沙諸島、

    生態

    基本情報

    小型魚なので沖縄県ではとれても食べないのではないかと思う。当然、漁港での競りの対象でもない。

    水産基本情報

    市場での評価/流通しない。
    漁法/
    産地/

    選び方

    触って張りのあるもの。ツートーンがはっきりしているもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗は薄く取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    白身で熱を通しても硬く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ホシゴンベの料理法・調理法・食べ方/煮る(まーす煮)

    ホシゴンベのまーす煮(塩煮) 水洗いして、水分をよくきる。これを強めの塩水で煮上げる。本来は水分をほどんど飛ばすのだけど、ほどよくだしの出た液体を残すといい。クセのない白身でイヤミのない味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『奄美群島の魚類図鑑』(本村浩之、萩原清司、瀬能宏、 中江雅典 南日本新聞開発センター)
  • 主食材として「ホシゴンベ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ