イソゴンベ(Stocky hawkfish)

Scientific Name / Cirrhitus pinnulatus (Forster, 1801)

イソゴンベの形態写真

SL 28cm前後になる。尾鰭に斑紋がある。頭部は丸みを帯びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ゴンベ科イソゴンベ属
    外国名
    Stocky hawkfish
    学名
    Cirrhitus pinnulatus (Forster, 1801)
    漢字・学名由来
    漢字/磯好爺
    由来・語源/たぶん分類学的な命名で、磯(岩場)に生息するゴンベ科という意味。
    地方名・市場名 [?]
    チンサー
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念 
    ブーカーイシバイ
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
    ガブジョ
    参考相良誉さん 場所鹿児島県屋久島 
    生息域
    海水魚。サンゴ礁外縁の波の荒い場所。
    伊豆半島、八丈島、小笠原諸島、屋久島、喜界島、奄美群島、沖縄諸島、石垣島、南大東島。
    台湾、西沙諸島、インド-太平洋。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『奄美群島の魚類図鑑』(本村浩之、萩原清司、瀬能宏、 中江雅典 南日本新聞開発センター)
  • 主食材として「イソゴンベ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ