フリソデウオ(Polka-dot ribbonfish)

Scientific Name / Desmodema polystictum (Ogilby, 1897)

フリソデウオの形態写真

1m SL 前後になる。細長くリボン状で側へん、後方で急に細くなる。腹鰭は幼魚期にはあり、糸状に伸びるが成長にともないなくなる。側線は波状ではなく直線。[全長23cm・重さ38g]
フリソデウオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
1m SL 前後になる。細長くリボン状で側へん、後方で急に細くなる。腹鰭は幼魚期にはあり、糸状に伸びるが成長にともないなくなる。側線は波状ではなく直線。[全長23cm・重さ38g]1m SL 前後になる。細長くリボン状で側へん、後方で急に細くなる。腹鰭は幼魚期にはあり、糸状に伸びるが成長にともないなくなる。側線は波状ではなく直線。[全長15.5cm・14g]1m SL 前後になる。細長くリボン状で側へん、後方で急に細くなる。腹鰭は幼魚期にはあり、糸状に伸びるが成長にともないなくなる。側線は波状ではなく直線。[屋久島産 幼魚90mm]
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


      食べられなくはない

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱綱条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区アカマンボウ上目アカマンボウ目フリソデウオ科フリソデウオ属

    外国名

    Polka-dot ribbonfish

    学名

    Desmodema polystictum (Ogilby, 1897)

    漢字・学名由来

    漢字/振袖魚
    由来・語源/振袖の袖の形に似ているからだと思われる。田中茂穂が「Trachipterus misakiensis Tanaka, 1908(シノニム)」と記載したときに命名したのだと思う。
    Ogilby
     James Douglas Ogilby(1853-1925 アイルランド生まれ)。魚類学者。オーストラリアにて魚類研究をして重要な発見を数多くする。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。沖合中層域。
    北海道釧路〜土佐湾、愛媛県深浦、[屋久島]の太平洋沿岸。兵庫県美方郡浜坂町沖から九州西岸の日本海沿岸、山口県萩、五島列島、[鹿児島県南さつま市笠沙]。
    汎太平洋、大西洋。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    市場での評価/食用として認知されていない。
    漁法/定置網
    産地/

    選び方

    味わい

    旬は不明。
    まだ幼魚だけしか手に入れていないので味わいなども不明。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)


    フリソデウオの唐揚げ 水分が多く、骨が柔らかいのでさくっと揚がる。香ばしくて捨てがたい味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/川東守昭さん・繭右さん、屋久島安房のみなさん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「フリソデウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ