サケガシラ(Slender ribbonfish)

Scientific Name / Trachipterus ishikawae Jordan and Snyder, 1901

サケガシラの形態写真

最大2.7m SL 前後になる。体は側へんして細長く頭部背面から吻にかけて直線的。
サケガシラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
最大2.7m SL 前後になる。体は側へんして細長く頭部背面から吻にかけて直線的。最大2.7m SL 前後になる。体は側へんして細長く頭部背面から吻にかけて直線的。最大2.7m SL 前後になる。体は側へんして細長く頭部背面から吻にかけて直線的。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱綱条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区アカマンボウ上目アカマンボウ目フリソデウオ科サケガシラ属

    外国名

    Slender ribbonfish

    学名

    Trachipterus ishikawae Jordan and Snyder, 1901

    漢字・学名由来

    漢字 鮭頭、裂頭
    由来・語源 新潟県寺泊での呼び名。「鮭頭」の場合、サケ漁の始まりを告げる魚の意味。
    Jordan
    David Starr Jordan〈デイビッド・スター・ジョーダン(ジョルダン) 1851-1931 アメリカ〉。魚類学者。日本の魚類学の創始者とされる田中茂穂とスナイダーとの共著『日本魚類目録』を出版。
    Snyder
    ジョン・オターバイン・スナイダー(1867-1943 アメリカ) 魚類学者。スタンフォード大学の魚類学教授。『日本魚類目録(A catalogue of the fishes of Japan)』を田中茂穂、David Starr Jordanとともに作る。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。日本海、沖縄沖、高知県沖から北海道。

    生態

    日本海沿岸などにときどき流れ着いてくる。

    基本情報

    一般的な食用魚ではない。

    水産基本情報

    選び方

    触って張りのあるもの。古くなると体液が流れ出、目が曇り凹んでくる。

    味わい

    旬は不明。
    解体するのはなかなか大変な作業であった。体を5当分に切り分けて三枚卸しに。
    鱗は剥がれやすい。皮は弱く、骨は柔らかい。身は水分が多くて、鮮度がわるいために生臭い。
    白身で水分が多く、旨みが少ない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    サケガシラの料理法・レシピ・食べ方/煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)
    サケガシラの煮つけ 非常に水分が多く、脆弱な身をしている。適当に切り、湯通しして霜降りにする。これを酒・醤油・水で煮てみた。意外に痩せて縮まないものの、筋肉自体に味はない。

    サケガシラのムニエル 水分が多いので切り身にしてペーパータオルでくるむ。水分が出て来たら何度かペーパータオルを替えて、水分を抜き、塩コショウ、小麦粉をまぶしてじっくりソテーする。決して不味くないものの、本種の味はわからない。
    サケガシラの塩焼き(一夜干) 水分が多いので腹部を適当に切り、振り塩する。表面に水分が出て来たら拭き取り、冷蔵庫にラップをしないで入れておく。これを焼き上げる。不味くはないが無香性でうま味は少ない。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    ●1964年に出版された名著『山陰の動物誌』(上田常一著 今井書店)に「故田中市郎の『珍魚の誉』という本」という章があり(正確には『南珍魚と北珍魚』)、「イワシを追いかけて深海から浜に打ち上げられた」ということが書かれている。確かに写真の固体も釣り上げられたもので、大きなハリを咽の奥に2本飲み込んでいた。
    ●本種と非常に類似した魚にテンガイハタというのがある。その違いは現状では不明である。『日本産魚類検索』でも2種の検索は難しい

    参考文献・協力

    協力/西潟正人さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『山陰の動物誌』(上田常一著 今井書店)
  • 主食材として「サケガシラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ