ヒトヅラハリセンボン(Black-blotched porcupinefish)

Scientific Name / Diodon liturosus Shaw, 1804

ヒトヅラハリセンボンの形態写真

55cm SL(体長)前後になる。棘は可動。背鰭、尾鰭には小斑紋がない。胸鰭前方に横方向の長方形、もしくは長楕円形の斑紋がある。
ヒトヅラハリセンボンの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
55cm SL(体長)前後になる。棘は可動。背鰭、尾鰭には小斑紋がない。胸鰭前方に横方向の長方形、もしくは長楕円形の斑紋がある。55cm SL(体長)前後になる。棘は可動。背鰭、尾鰭には小斑紋がない。胸鰭前方に横方向の長方形、もしくは長楕円形の斑紋がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハリセンボン科ハリセンボン属
    外国名
    Black-blotched porcupinefish
    学名
    Diodon liturosus Shaw, 1804
    漢字・学名由来
    漢字/人面針千本
    由来・語源/不明
    地方名・市場名 [?]
    アカバニアバサー アヤアバサー
    場所沖縄県石垣市 
    アバサー
    場所沖縄 
    アヤアバサー シトウトウトウ トウアバサー
    場所沖縄各地 
    生息域
    海水魚。サンゴ礁や岩礁域の浅い海域。
    青森県平舘、富山湾、小笠原諸島、和歌山県、琉球列島。
    台湾南部、西沙諸島、ハワイ諸島をのぞくインド-太平洋の熱帯〜温帯域。
    生態
    基本情報
    主に琉球列島でみそ汁に使われている。肝を入れたみそ汁は沖縄県などの郷土料理のなかでももっとも味のいいもののひとつ。
    ●フグ目の食用の記載に関しては実見したものにもとずく。食用とするに関しては自己責任で、また流通に関しては地方自治体などの規制にもとづくように。
    水産基本情報
    市場での評価/沖縄県では一般的な食用魚。皮を剥いた状態で流通することが多い。やや高価。
    漁法/刺突漁、定置網
    産地/沖縄県
    選び方
    基本的に剥いた状態で流通する。身色に透明感のあるもの。粘液などの出ていないもの。
    味わい
    旬は不明。
    皮と棘は一体化していて非常に丈夫で強く筋肉についている。これを剥くのには力がいる。
    筋肉は熱を通すと硬く締まるが、ある程度煮ると軟らかくなる。
    いちばんおいしいのは肝だが、流通は原則的には不可。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ヒトヅラハリセンボンの料理法/汁(みそ汁、潮汁)、煮る(煮つけ、鍋)
    ヒトヅラハリセンボンの鍋ヒトヅラハリセンボンのちり 沖縄などに行くと皮を剥いた状態で売っている。これを適当に切り、昆布だしに塩、酒の汁で煮ながら食べる。非常にうま味豊かなだしが出る上に、適度にしまった身がこれまたとてもうまい。
    ヒトヅラハリセンボンの煮つけヒトヅラハリセンボンの煮つけ 生食もまずくはないが本種の場合、液体を使った料理に向いている。適当に切り、湯通しして表面のぬめりを流す。鮮度がよければ湯通しはしなくてもいい。これを酒、しょうゆで煮つける。ご飯のおかずならみりん、砂糖を加えてもいい。
    好んで食べる地域・名物料理

    あばさー汁
    アバサー汁 沖縄県に旅すると必ず食べてくるものがハリセンボンの仲間を使った汁である。肝と筋肉を水から煮てみそを溶くだけだが、肝が溶け込んだ汁が非常に美味。フーチバーを青みに、コーレーグスを落として食べるといい。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ヒトヅラハリセンボン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ