ネズミフグ(Spot-fin porcupinefish)

Scientific Name / Diodon hystrix Linnaeus, 1758

ネズミフグの形態写真

SL70cm前後。腹部以外の鰭、体側に黒い斑紋が散らばる。
ネズミフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL70cm前後。腹部以外の鰭、体側に黒い斑紋が散らばる。SL70cm前後。腹部以外の鰭、体側に黒い斑紋が散らばる。SL70cm前後。腹部以外の鰭、体側に黒い斑紋が散らばる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハリセンボン科ハリセンボン属
    外国名
    Spot-fin porcupinefish
    学名
    Diodon hystrix Linnaeus, 1758
    漢字・学名由来
    漢字 鼠河豚
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    地方名・市場名 [?]
    イノーアバサー
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    生息域
    海水魚。浅いサンゴ礁・岩礁域。
    屋久島、琉球列島。
    希/青森県牛滝・関浜、新潟県粟島、富山湾、兵庫県浜坂、山口県日本海沿岸、福岡県津屋崎、相模湾、八丈島、小笠原諸島、和歌山県田辺・串本。
    台湾南部、西沙諸島、世界中の熱帯〜温帯域。
    生態
    基本情報
    主に琉球列島の浅場にいる。大型で全身に針を持つので、料理法は産地ならではの熟練を要す。沖縄県などで作られる「アバサー汁」のアバサーのひとつ。
    水産基本情報
    市場での評価/主に奄美大島以南で流通する。量的には多くないがあまり高価ではない。
    漁法/定置網、刺突漁
    産地/沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。むき身は透明感があり肝がしっかり硬いもの。
    味わい
    旬は不明。
    ハリセンボン科に毒はない。厚生労働省のフグ毒一覧は不明確で混乱をまねいている。特に問題なのは沖縄県での食文化を無視していることだ。早い改善を求む。
    鱗は棘状で皮膚と一体化して取りにくい。皮は厚く熱を通すとゼラチン質になる。頭部の骨は非常に硬い。
    白身で熱を通すとほどよく締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ネズミフグの料理法・調理法・食べ方/汁(みそ汁)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
    ネズミフグの煮つけ 皮を剥いて適当に切る。好みで肝、鰾などを使ってもいい。湯通しして冷水に落としてぬめりなどを流す。これを酒・しょうゆ・水でショウガを一かけ入れて煮る。みりん、砂糖などの甘味を加えてもいい。またショウガは最後に搾り汁を振ってもいい。適度に身が締まり、身にうま味があってとても美味。

    ネズミフグの唐揚げ 皮を剥き、適当にぶつ切りにする。水分をよく拭き取り、片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げにする。食感はまさに鶏肉、しかも魚らしいうま味がある。意外に食べ出があるのも魅力的だ。
    好んで食べる地域・名物料理

    アバサー汁 沖縄県の郷土料理。棘のある皮を剥き、適当に切る。肝や胃袋は取り出して適当に切っておく。肝は細かく切った方がコクが出る。これを水から煮出して、肝を加えみそを溶く。煮出しながらていねいにアクをすくう。また鮮度が悪いものは湯通しをして冷水に落としてヌメリなどを流す、水分をよくきり、水で煮出す。仕上げにフーチバー、ハンダマ、小松菜、ネギなど好みの野菜を加える。実に濃厚でうま味豊か。ご飯に合う。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ネズミフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ