バイカナマコ(Pineapple sea cucumber)

Scientific Name / Thelenota ananas (Jäger, 1833)

バイカナマコの形態写真

全長80cm前後になる。非常に大型。全体に茶褐色で背面の疣足は数個が基部で癒合して星形になる。
バイカナマコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長80cm前後になる。非常に大型。全体に茶褐色で背面の疣足は数個が基部で癒合して星形になる。全長80cm前後になる。非常に大型。全体に茶褐色で背面の疣足は数個が基部で癒合して星形になる。全長80cm前後になる。非常に大型。全体に茶褐色で背面の疣足は数個が基部で癒合して星形になる。全長80cm前後になる。非常に大型。全体に茶褐色で背面の疣足は数個が基部で癒合して星形になる。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    棘皮動物門有棘動物亜門ナマコ綱楯手亜綱楯手目(ナマコ目)シカクナマコ科バイカナマコ属
    外国名
    Pineapple sea cucumber
    学名
    Thelenota ananas (Jäger, 1833)
    漢字・学名由来
    漢字/梅花海鼠、梅花参
    由来・語源/疣足が梅の花を思わせるところから、中国でついた呼び名。これを和名にしたもの。
    地方名・市場名 [?]
    ガジマル
    参考河村雄太さん 場所沖縄県石垣島 
    生息域
    海水生。サンゴ礁域の砂地。
    [和歌山県]、沖縄本島以南。
    台湾、中国、グアム、インドネシア、ニューカレドニア、フィジー、オーストラリア。
    生態
    基本情報
    主に沖縄県でとれる大型のナマコ。漁業対象で、「海参(いりこ)」、塩ナマコの原料になる。干したナマコ「梅花参」の需要は高く、本種は非常に良質であることからやや高値となっている。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣島)
    『原色検索 日本海岸動物図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(西村三郎編著 保育社)、『ナマコガイドブック』(本川達雄、今岡亨、楚山いさむ 阪急コミュニケーショズ)
  • 主食材として「バイカナマコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ