ナルトビエイ(Longheaded Eagle Ray, Naru Eagle Ray)

Scientific Name / Aetobatus narutobiei White, Furumitsu and Yamaguchi, 2013

ナルトビエイの形態写真

体盤幅1.5メートルになる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    動物界脊索動物門顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目トビエイ目トビエイ科マダラトビエイ属

    外国名

    Longheaded Eagle Ray, Naru Eagle Ray

    学名

    Aetobatus narutobiei White, Furumitsu and Yamaguchi, 2013

    漢字・学名由来

    地方名・市場名

    トンビエイ
    場所徳島県海部郡海陽町宍喰『宍喰漁業協同組合』 備考トビエイと混同してトンビエイ。 

    生息域

    汽水・海水魚。日本海秋田県男鹿、新潟県瀬波、能登半島、京都府、兵庫県、徳島県海部郡海陽町宍喰、長崎県、九州、神奈川県江ノ島、三重県四日市、高知県。台湾、浙江省〜広東省。
    河口域、沿岸域。

    生態

    基本情報

    もともと少ないながら九州などにいたが、近年急速に増えているとされている。
    有明海などではアサリの食害などが取りざたされているが真義はわからない。
    カゴ漁のエサや飼料、また食用などにできないかなどが研究されている。

    水産基本情報

    市場での評価 流通していない。
    漁法 刺し網、定置網
    産地 有明海周辺、高知県、徳島県

    選び方

    触って張りのあるもの。粘液にまみれていないもの。

    味わい

    軟骨で鱗はない。
    くせのない身だが、あまりうま味を感じない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 煮つけ
    煮つけ◆くせがなく軟らかい。比較的美味しい。
    裏側。
    吻は嘴状に伸びる。
    ナルトビエイの煮つけ煮つけ◆くせがなく軟らかい。比較的美味しい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    有明海などでは駆除の対象となっている。

    参考文献・協力

    協力/山口敦子さん(長崎大学)、永野廣・昌枝さん(高知県高知市)、宍喰漁業協同組合(徳島県海部郡海陽町宍喰)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ナルトビエイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ