トビエイ(Japanese Eagle Ray)

Scientific Name / Myliobatis tobijei (Bleeker,1854)

トビエイの形態写真

体盤長80cm前後になる。尾に棘がある。吻端は丸く突出しない。
トビエイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体盤長80cm前後になる。尾に棘がある。吻端は丸く突出しない。体盤長80cm前後になる。尾に棘がある。吻端は丸く突出しない。体盤長80cm前後になる。尾に棘がある。吻端は丸く突出しない。体盤長80cm前後になる。尾に棘がある。吻端は丸く突出しない。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    動物界脊索動物門顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目トビエイ目トビエイ科トビエイ属

    外国名

    Japanese Eagle Ray

    学名

    Myliobatis tobijei (Bleeker,1854)

    漢字・学名由来

    漢字 鳶鱏、鳶鱝
    由来・語源 東京での呼び名。鳥を思わせ、色合いが鳶色であるため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。沿岸域の水深12-333m。比較的浅場にいる。
    北海道渡島半島〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、小笠原諸島、沖縄島、東シナ海大陸棚縁辺〜斜面域。
    朝鮮半島南岸・東岸、中国渤海・黄海・東シナ海沿岸、台湾。

    生態

    卵胎生。

    基本情報

    イセエビの刺し網、定置網などでとれるもので、水揚げなどを見ていると頻繁に見かける。ただし食用とする地域はほぼない。味のいい魚なのでもったいないと思う。

    水産基本情報

    市場での評価/流通しない。
    漁法/刺し網、定置網
    産地/

    選び方

    触って張りのあるもの。粘液が透明なもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗はなくぬめりが強い。皮は厚みがあり剥く必要はない。
    白濁した白身。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    トビエイの料理法/煮る(煮つけ)
    トンビエイの煮つけ
    トビエイの煮つけ 水洗いして正中線上に切れ目を入れる。肝はキズつけず、完全に切り離さない方が煮やすい。これを湯引きする。冷水の落としてヌメリと流す。これを酒・しょうゆ味で煮る。酒・砂糖・しょうゆでも酒・みりん・しょうゆ味でもいい。まったくクセのないほどよく繊維質の身に甘みがある。肝は最上級のうまさ。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/勘網丸・大楠漁協(神奈川県横須賀市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「トビエイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ