ナガタケノコカニモリ

Scientific Name / Rhinoclavis (Rhinoclavis) fasciata   (Bruguière, 1792) 

ナガタケノコカニモリの形態写真

殻高70mm前後になる。●画像は幼貝。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)オニノツノガイ超科オニノツノガイ科タケノコカニモリ属

    外国名

    学名

    Rhinoclavis (Rhinoclavis) fasciata   (Bruguière, 1792) 

    漢字・学名由来

    漢字 長筍蟹守 Nagatakenokomori
    由来・語源/岩川友太郎の命名。タケノコカニモリよりも殻長があるため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮下帯〜水深20m。
    紀伊半島以南。熱帯インド・西太平洋域。

    生態

    基本情報

    食用ではなく収集の対象。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/黒住耐二(千葉県立博物館)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ナガタケノコカニモリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ