トラザメ(Cloudy catshark)

Scientific Name / Scyliorhinus torazame (Tanaka, 1908)

トラザメの形態写真

体長50センチ前後になる。サメでは小型。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ネズミザメ上目メジロザメ目トラザメ科トラザメ属

    外国名

    Cloudy catshark

    学名

    Scyliorhinus torazame (Tanaka, 1908)

    漢字・学名由来

    漢字 虎鮫
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。体の模様からだと思われる。東京市場では本種だけではなく数種のサメを「トラザメ」と呼んだ。
    Tanaka
    田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。北海道南部以南の日本各地。東シナ海、朝鮮半島東岸、渤海、黄海、フィリピン。
    水深100メートルより深場。

    生態

    卵生。

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「トラザメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ