ツバメウオ(Longfin batfish)

Scientific Name / Platax teira (Forsskål,1775)

ツバメウオの形態写真

SL(体長)40cm前後になる。稚魚、若魚では背鰭、尻鰭が著しく長く成長とともに短くなる。体色は鈍い褐色で輝かない。腹鰭後方少し上に濃い褐色斑がある。腹鰭は真っ黒ではなく褐色。[成魚]
ツバメウオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL(体長)40cm前後になる。稚魚、若魚では背鰭、尻鰭が著しく長く成長とともに短くなる。体色は鈍い褐色で輝かない。腹鰭後方少し上に濃い褐色斑がある。腹鰭は真っ黒ではなく褐色。[成魚]SL(体長)40cm前後になる。稚魚、若魚では背鰭、尻鰭が著しく長く成長とともに短くなる。体色は鈍い褐色で輝かない。腹鰭は真っ黒ではなく褐色。[若魚]SL(体長)40cm前後になる。稚魚、若魚では背鰭、尻鰭が著しく長く成長とともに短くなる。体色は鈍い褐色で輝かない。腹鰭は真っ黒ではなく褐色。[若魚]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目マンジュウダイ科ツバメウオ属
    外国名
    Longfin batfish
    学名
    Platax teira (Forsskål,1775)
    漢字・学名由来
    漢字 燕魚。
    由来・語源 神奈川県江ノ島周辺、和歌山県田辺での呼び名を標準和名とした。姿形から。
    Forsskål
    ペール・フォルスコール(ペーテル・フォルスコール)。記載は1775年に『諸動物の記載』【DESCRIPTIONES ANIMALIUM』(PETRUS FORSSKÅL,1732-1763 CARSTEN NIEBUHR,1733-1815】。『コペンハーゲンの教授ペーテル・フォルスコールによって東方への旅行中に観察された哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類および下等動物の記載。著者の没後、カールステン・ニーブールによって編纂さる付録として海路の薬用草本〔の目録〕と紅海の地図を付す』。紅海東岸の魚類をミナミヒメジ、バラハタ、オオモンハタ、ナミハタ、ナンヨウツバメウオ、トゲチョウチョウウオ、モンツキクロハギほか。ペール・フォルスコールは1763年マラリアのためにイェリームの町(現イエメン)にて客死。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。沿岸域。
    北海道釧路〜九州南岸の太平洋沿岸、伊豆諸島、新潟県〜長崎県の日本海沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島、東大東島。インド〜西太平洋。
    生態
    ■ 稚魚のときにはまるで木の葉のように擬態しているという。
    ■ 成魚は沖合の中層域で大きな群れを作る。
    基本情報
    北海道以南の浅場に広く生息する。
    国内ではマイナー魚であるが、熱帯域では普通の食用魚である。
    近年、温暖化のためか流通上で見る機会が増えている。
    希に臭みのある固体があるが、身質がよく脂がのっている。
    水産基本情報
    市場での評価 熱帯域では周年、本州などでは夏から秋に入荷。入荷量は非常に少ない。値は不安定。
    漁法 定置網
    産地 和歌山県、長崎県、大分県など
    選び方
    大型で色合いがくすんでいないもの。触ってぬめりのないもの。
    味わい
    旬は夏から冬だと思う。
    鱗は細かく取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はやや硬い。
    きれいな白身で血合いは弱い。熱を通してもあまり強く締まらない。
    注/ときどき臭みのある固体がいる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ツバメウオの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)、汁(みそ汁)

    ツバメウオの刺身 身に厚みがないものの、活け締めは血合いが弱く見た目にもきれいだ。三枚に下ろして、皮を引き刺身状に切る。身は締まっていて食感が心地よい。甘味、うま味も豊かで非常においしい。

    ツバメウオの鰭筋の刺身 背鰭・尻鰭を支える筋肉は太く長い。鰭筋のみ切り取って、別に皮を引くといい。体幹部の筋肉よりも脂が豊かで、食感が強い。噛みしめるとじわりと脂がでてきて溶けて甘いと感じる。
    ツバメウオの煮つけ ここでは頭部(兜)を煮つけた。白身で身が締まっていて、磯臭みのないものは煮つけにしてもご馳走だと思う。頭部は半割にして湯通しし、冷水に落としてヌメリなどを流す。水分をよくきり、水・酒・しょうゆで煮る。砂糖で甘味を加えてもいい。
    ツバメウオのバター焼き 本種のような熱帯域に多い白身魚にもっとも相性のいい料理法である。切り身にして塩コショウする。これを多めの油でじっくりとソテーする。仕上げにマーガリン(バター)で風味づけする。
    ツバメウオの唐揚げ 小振りは丸ごとバター焼きにしてもいいし、唐揚げにしてもいい。ここでは適当に切って唐揚げにしてみた。側へんしている分、揚げやすいのもいい。
    ツバメウオのみそ汁 あらを集めて置く。湯通しして冷水に落として残った鱗やヌメリを流す。水分をよくきり、水から煮出してみそをとく。ここでは沖縄県宮古島のみそを使った。フーチバー(ヨモギ)などがあればとても合う。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    伊豆諸島では防波堤などからの浮きづりなどで釣れる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    地方名・市場名 [?]
    トモモリ
    参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県田辺・白崎 
    ツバメダイ
    参考文献 場所和歌山県田辺市 
    ツバクロダイ[燕鯛]
    参考文献 場所富山県富山 
    アンラガーサー
    参考文献 場所沖縄本島 
    アンラーカーサー
    参考文献 場所沖縄県 
    クスケーカーサー
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
    アンダヘナー
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念知念漁協 
    ツバメウオ
    参考文献 場所神奈川県江ノ島・小田原 
    キョウゲンウオ[狂言魚]
    参考文献 場所長崎県大村湾 
    アブラウオ アブウオ チョウウオ チョウチョウ
    参考文献 場所高知県須崎 
    カラスウオ
    参考『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版) 場所鹿児島 
    カラスダイ
    参考文献 場所鹿児島県 
    シマヒシャ[島菱]
    場所江戸時代の呼び名。 
    ヒコウキウオ
    参考文献 場所和歌山県田辺 
  • 主食材として「ツバメウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ