チリボタン

Scientific Name / Spondylus cruentus Lischke, 1868

チリボタンの形態写真

殻高6cm前後になる。形はばらつきがある。右殻はふくれる。
チリボタンの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻高6cm前後になる。形はばらつきがある。右殻はふくれる。殻高6cm前後になる。形はばらつきがある。右殻はふくれる。殻高6cm前後になる。形はばらつきがある。右殻はふくれる。殻高6cm前後になる。形はばらつきがある。右殻はふくれる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    動物界軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目ウミギク科Spondylus属
    外国名
    学名
    Spondylus cruentus Lischke, 1868
    漢字・学名由来
    漢字 散牡丹
    由来・語源 『目八譜』より。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。水深20mよりも浅い岩礁域。
    房総半島〜沖縄。
    生態
    基本情報
    日本貝類学会の連絡誌の名が『ちりぼたん』であることも有名。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「チリボタン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ