タコブネ

Scientific Name / Argonauta hians Lightfoot, 1786

タコブネの形態写真

SL8-9cm前後。貝殻は飴色で、放射肋は粗い。
タコブネの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL8-9cm前後。貝殻は飴色で、放射肋は粗い。SL8-9cm前後。貝殻は飴色で、放射肋は粗い。SL8-9cm前後。貝殻は飴色で、放射肋は粗い。SL8-9cm前後。貝殻は飴色で、放射肋は粗い。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    動物界軟体動物門頭足綱八腕目無触毛亜目アオイガイ超科カイダコ科アオイガイ属
    外国名
    学名
    Argonauta hians Lightfoot, 1786
    漢字・学名由来
    漢字 蛸船、蛸舟、鮹船、鮹舟
    由来・語源 『甲介群分品彙』(武蔵石寿 1836)より。
    地方名・市場名 [?]
    カイダコ[貝蛸]
    場所青森県陸奥湾 
    タフフニ タフブニ
    生息域
    海水生。太平洋、日本海の表層を漂う。
    生態
    雌(めす)は特種化した第1腕から分泌する物質で殻を作り、卵を保育(守る)する。雌は大きく殻を作るが、雄(おす)は小さくて貝殻を作らず、非常に小さい。
    基本情報
    表層を漂っているもので、沿岸域、岸辺に漂着する。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    貝殻はともかく軟体はイイダコとホタルイカを合わせたような食感と内臓をしている。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(塩ゆで、煮つけ)

    タコブネの煮つけ 貝殻ごとしょうゆ・みりんでさっと煮つけてみた。貝殻から出すとまるでホタルイカのように見える。見えるだけではなく味もホタルイカに近い。夏に卵を貝殻に入れてあった個体を食べているが、今回の方が美味だった。旬はまったく不明。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊東正英 南さつま市笠沙、勘網丸・大楠漁協(神奈川県横須賀市)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『軟体動物学概説 上巻』(波部忠重、奥谷喬司、西脇三郎他 サイエンティスト社)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『広辞苑』
  • 主食材として「タコブネ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ