クビレヅタ(英名/Green caviar)

Scientific Name / Caulerpa lentillifera J. Agardh

代表的な呼び名ウミブドウ

クビレヅタの形態写真

総の長さは15センチを超える

    • 物知り度

      ★★★
      知っていたら通人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★★
      重要
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    植物界褐藻植物門緑藻綱ハネモ目イワヅタ科イワヅタ属

    外国名

    英名/Green caviar

    学名

    Caulerpa lentillifera J. Agardh

    漢字・学名由来

    漢字 括岩蔦。
    由来・語源 不明

    地方名・市場名

    ウミブドウ[海葡萄]
    備考一般的に。 

    生息域

    海水生。南西諸島。
    東南アジア、オーストラリア。

    生態

    基本情報

    ウミブドウというのは食材としての名。
    イワズタ科の藻体が管状で根や茎に見える部分があり、先端が球状になっている。
    これがブドウの実のようであるために、ついたもの。
    食用とされるのはウミブドウ(クビレズタ)とフサイワズタ。
    ウミブドウは沖縄で養殖が行われ、また熱帯から輸入もされている。
    今ではスーパーなどにも見かけ人気がある。
    フサイワズタは熊本などで養殖が試みられており、新しい養殖用海藻として脚光を浴びている。

    標準和名のクビレズタはほとんど知られていない。
    食材としてのウミブドウは沖縄で養殖が行われ、また熱帯域からの輸入もあって、値段も安定しているために、人気がある。
    常温で保存できる点も便利だとされている。
    刺身の妻やサラダなどに利用されている。

    水産基本情報

    市場での評価 近年入荷の多くなっているもの。沖縄産をはじめ、フィリピンなどからの輸入もよく見かける
    漁法 養殖
    主な産地 沖縄

    選び方

    球体部の丸く膨らみのあるもの。濃い緑であるもの。

    味わい

    旬は周年。
    生のまま食べられる。
    海藻らしい風味があり、プチプチした食感がある。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 生食
    塩水漬け、塩漬けなどもあるが、近年では生でも出回っている。
    普通海藻は熱を通して食べるのが基本だが、本種は生で食べる。
    非常に食感がよく、ほどよい塩味が感じられる。
    クビレヅタの刺身刺身の妻

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『沖縄食材図鑑』(NPO法人 食の風 楽園計画)
  • 主食材として「クビレヅタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ