カラスボヤ

Scientific Name / Pyura vittata (Stimpson, 1852)

カラスボヤの形態写真

体長10cm前後。体表にはシワがあり、表面を別の生物が被っている。水穴の周りは小さな棘状のものが密集する。
カラスボヤの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長10cm前後。体表にはシワがあり、表面を別の生物が被っている。水穴の周りは小さな棘状のものが密集する。体長10cm前後。体表にはシワがあり、表面を別の生物が被っている。水穴の周りは小さな棘状のものが密集する。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    脊索動物門尾索動物亜門ホヤ綱マボヤ目マボヤ亜目マボヤ科カラスボヤ属
    外国名
    学名
    Pyura vittata (Stimpson, 1852)
    漢字・学名由来
    漢字 烏海鞘
    由来・語源 全体に黒っぽいためか。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。潮間帯〜水深55m。
    日本各地。朝鮮半島。
    生態
    基本情報
    浅い岩礁域に普通に見られる。
    韓国では食用としている。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色検索 日本海岸動物図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(西村三郎編著 保育社)
  • 主食材として「カラスボヤ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ