カゴシマニギス

Scientific Name / Argentina kagoshimae Jordan and Snyder,1902

カゴシマニギスの形態写真

体長15センチ前後になる。上あごと下あごが同じ長さ。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区原棘鰭上目ニギス目ニギス亜目ニギス科ニギス属

    外国名

    学名

    Argentina kagoshimae Jordan and Snyder,1902

    漢字・学名由来

    漢字 鹿児島似鱚
    由来・語源 主に鹿児島県で見られるため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。水深100〜450メートルの砂泥地。
    駿河湾〜九州南岸の太平洋側、兵庫県(京都府)〜九州西岸の日本海・東シナ海。済州島、台湾南部。

    生態

    基本情報

    全国的には流通しない。鹿児島県で少ないながら流通しているものと思われる。脂がのっていて、いい味の魚なのでまとまってとれれば利用されると考えている。

    水産基本情報

    市場での評価 鹿児島県などで細々と食べられている模様。味のいい魚なのでまとまれば値がつくと思う。
    漁法 底曳き網
    産地 鹿児島県

    選び方

    味わい

    旬は不明。
    鱗はほとんど気にならない。皮は非常に薄く破れやすい。骨は中骨がやや硬い。
    内臓は少なく取りやすい。透明感のある白身で白濁しやすい。水分が多く脆弱である。熱を通しても硬く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 揚げる(天ぷら、唐揚げ)、焼く(干もの)、煮つけ、生食(刺身)
    揚げる◆身が柔らかいので開くときには要注意。小骨が細く軟らかいので腹骨の一部をすき取るだけで仕込みは終わる。揚げてふんわりと軟らかくクセのない上品な味。唐揚げにしてもうまい。
    焼く◆そのまま焼くと水っぽくてあまり美味しくない。一夜干しにして焼いて美味。かなり硬く干してもいいようだ。
    煮つけ◆煮つけは白身でいながら脂があるので甘味があって美味しい。身離れがいいのも魅力。
    生食◆水分が多く、単に刺身にしてもあまり美味しいとは思えない。産地なら美味しいかもしれないので、これは課題。
    カゴシマニギスの天ぷら天ぷら。身が柔らかいので開くときには要注意。小骨が細く軟らかいので腹骨の一部をすき取るだけで仕込みは終わる。揚げてふんわりと軟らかくクセのない上品な味。
    そのまま焼くと水っぽくてあまり美味しくない。一夜干しにして焼いて美味。かなり硬く干してもいいようだ。
    カゴシマニギスの煮つけ煮つけは白身でいながら脂があるので甘味があって美味しい。身離れがいいのも魅力。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「カゴシマニギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ