イシビラメ(Turbot)

Scientific Name / Scophthalmus maximus (Linnaeus, 1758)

代表的な呼び名ターボット

イシビラメの形態写真

100cm SL 前後になる。上から見ると真四角に近い体高が非常に高い。体表に砂地を思わせる模様がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ亜目カレイ目Scophthalmidae(スコプタルムス科・イシビラメ科)Scophthalmus属
    外国名
    Turbot
    学名
    Scophthalmus maximus (Linnaeus, 1758)
    漢字・学名由来
    漢字/石平目
    由来・語源/阿部宗明の命名。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    Abe
    阿部宗明(あべ ときはる Abe Tokiharu 1911-1996)。魚類学者。田中茂穂の後継者。多くの魚を記載。国内だけではなく、「新顔の魚」にて輸入、海外で漁獲される魚の魚名も多数つけている。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。
    北大西洋、地中海、バルト海、黒海。
    生態
    基本情報
    フレンチでのヒラメのひとつ。ヨーロッパでは重要種。
    中国、韓国などで大量に養殖されている。韓国国内では大量に見られる。中国・韓国で食用魚として一般的なものとなっている可能性が高い。
    今回のもの中国で養殖されて、活けのまま空輸されてきたもの。輸入時にはフランス名をそのまま音で「ターボット」となっていた。
    水産基本情報
    市場での評価/中国からの輸入活魚で数回見ている。やや高値。
    漁法/養殖
    産地/中国、韓国
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かく硬く取りにくい。皮は厚みがあり強い。骨はあまり硬くない。
    透明感の強い白みで熱を通しても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身/ムニエル/フライ/バプール
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「イシビラメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ