ヒメエゾボラ

代表的な呼び名青ツブ

ヒメエゾボラの生物写真

角高8センチ前後になる。食用エゾボラ類ではもっとも小さいもの。色合いは多彩。真っ黒なものから白いもの、また焦げ茶、黒緑など。貝殻は厚い。螺肋(貝殻にある筋)は目立たない。螺肋と成長脈(縦に走る筋)の交わる部分がコブ状になるものがある

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科エゾボラ属
外国名
Whelk
学名
Neptunea (Barbitonia) arthritica (Bernardi,1857)
漢字・学名由来
漢字 姫蝦夷法螺
由来・語源 「法螺」は巻き貝のこと。「蝦夷」は現在の北海道など北国を表す。「姫」は動物の命名としては「小さい」ということ。北国にいる巻き貝で「姫」すなわち小さいものという意味。
地方名・市場名
ツブ アオツブ[青ツブ] ニモリツブ ネグリツブ ネムリツブ[眠りツブ] ネムリツンブ ネモリツブ マツブ モモコリ
備考一般的に。 
エゴバイ デレデンツブ デレレンツブ デロリン デロリンツブ ニッチ ベロツブ ホツブ
参考文献より。 

概要 ▽

生息域

海水生。茨城県、日本海以北。
潮間帯から水深10メートルくらいの浅場。

生態

雌雄異体。
交尾により体内受精。
北海道では春から夏に産卵。
魚貝類の死体や小型の動物を食べている。

基本情報

東北太平洋側、北海道などからまとまって入荷してくる巻き貝。
比較的値段も安く取引されているが、あまり一般的な水産物とはいえない。
またテトラミンという弱い毒素を含むために、料理店などで利用されることが多い。
都市部では馴染みが薄いものだが、北海道ではもっとも多く、もっとも普通に見かけるもの。
街角で焼きながら売る「焼きツブ」は北海道の名物のひとつ。

水産基本情報

市場での評価 都市部に入荷してくるツブの仲間では安いもののひとつ。関東などでは常磐三陸など産地が近いので市場で見かける回数は多い。
漁法 カゴ漁
主な産地 北海道、福島県、宮城県、岩手県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。持ち重りして、蓋などを触ってよく動く、もしくは急激に引っ込むもの。

味わい

旬は夏
足(刺身にする部分)はクセがなく、貝特有の臭みもない。
甘みがあり、食感もいい。
ワタなどから濃厚なだしがでる。
含まれる毒・テトラミンについて
■ 足を割るとクリーム色の柔らかなゼリー状の物体がある。これが唾液腺。ここにテトラミンが含まれている。
■ 主にNeptunea(エゾボラ属)の巻き貝の唾液腺に含まれる。
■ Neptunea(エゾボラ属)以外にはスルガバイ(エゾバイ科エゾバイ属Buccinumのスルガバイ、フジツガイ科のアヤボラなどにも含まれる。
■ 発症する唾液腺の量は個人差がある。
■ 食べると後頭部の激しい痛み、目眩、酒に酔ったような状態になり、吐き気、眼底の痛みをともなう。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
焼く、刺身、煮る(酒蒸し、煮つぶ)
焼く 焼きつぶにして非常に味がいい。下ゆでして、身を取りだし、足の部分を割り、唾液腺をとってから貝殻にもどす。これを強火で焼き、酒、醤油で味付けする。
刺身 刺身も美味。小さいために面倒だが、味はマツブ(エゾボラ)同様にうまい。
煮る 少量の水と酒で蒸し煮にする。しょうゆ味で甘辛く煮るなどして美味。

焼きつぶの作り方焼きつぶの作り方
1:殻ごと茹でる。
2:殻から身をとりだし、唾液腺を外す(画像はクリーム色の唾液腺をとっているところ)。
3:ワタも身も元通りに貝殻にもどして焼く。このときフタはそのままで。また適当に切って入れてもいい。
4:ある程度、焼けてきたら醤油と味醂を合わせたものを入れ、沸騰してきたら出来上がり。
ヒメエゾボラの焼きつぶ
焼きつぶ 焼きツブは強火で一気に焼く。我が家ではおき火になった炭に直に置いて焼く。
ヒメエゾボラの刺身
刺身 小振りなので面倒だがうまい。
ヒメエゾボラの蒸し煮
煮る
少量の水と酒で蒸し煮にする。しょうゆ味で甘辛く煮るなどして美味。

好んで食べる地域・名物料理

焼きつぶ 北海道。ゆでてテトラミンをのぞいたものを、貝殻に戻してタレを入れて焼いたもの。年間を通して安定的な漁獲量があるので、値が安く。道民の日常的な味となっている。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

第二次世界大戦中、酒が手に入らなくなり、代わりに本種の唾液腺を食べて酔いを楽しんだと言われている。本種をたくさん食べるとテトラミンのために酒に酔ったような状態になる。

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
関東にも、東北などから入荷して量も多い。「いそつぶ」とか「あおつぶ」と呼ばれている。この「青つぶ」という呼び名は築地などでも定着してきている。
北海道で名物とされている「焼きつぶ」の材料は本種である。
◆食べてみる◆
味にいい巻貝で刺身に煮物に焼き物にといろいろ使える。その上、「まつぶ」と比べて安いのもうれしい。刺身はエゾボラより粘液が多いように感じるが味は遜色ない。また殻のまま茹でて取り出し、唾液腺(テトラミン)を除いてから殻に戻す。これを殻のまま焼いてしょうゆを垂らすのが「焼きつぶ」である。しょうゆの焦げた匂いは正に食欲をそそる。

参考文献

『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ