タイワンガザミ

タイワンガザミの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
甲幅9cm前後になる。甲羅は菱柄。雄と雌の違いが大きい。雄の方がコバルトブルーで派手で手が長く、全体に大型になる。雌はくすんだ色合いで鉗脚、脚が短く地味。[雄]
甲幅9cm前後になる。甲羅は菱柄。雄と雌の違いが大きい。雄の方がコバルトブルーで派手で手が長く、全体に大型になる。雌はくすんだ色合いで鉗脚、脚が短く地味。[雄]
甲幅9cm前後になる。甲羅は菱柄。雄と雌の違いが大きい。雄の方がコバルトブルーで派手で手が長く、全体に大型になる。雌はくすんだ色合いで鉗脚、脚が短く地味。[雌]
甲幅9cm前後になる。甲羅は菱柄。雄と雌の違いが大きい。雄の方がコバルトブルーで派手で手が長く、全体に大型になる。雌はくすんだ色合いで鉗脚、脚が短く地味。[雌]

全関連コラム

珍魚度・珍しさ★★
少し努力すれば手に入る
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は普通)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科ガザミ属
外国名
学名
Portunus pelagicus (Linnaeus, 1758)
漢字・学名由来

漢字 台湾蝤蛑 Taiwangazami
由来・語源 台湾というのは台湾自体もさすが、暖かい熱帯域を意味する。ガザミであって暖かい、熱帯域にいるもの。
ガザミの語源は
ハサミは強靱で強く、はさまれるとケガをするほど。それで「カニであってはさまれると痛手を負うことからカニハサミ」となり、これが短縮されて「ガザミ」となった。

Linnaeus
Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
地方名・市場名

概要

生息域

海水生。
[宮城県気仙沼]、東京湾、相模湾以南の太平洋側、山形県以南・[新潟県親不知]の日本海、琉球列島。
中国、台湾、インド西太平洋。

生態

基本情報

比較的暖かい海域に多く、生息環境はガザミ(ワタリガニ)と同じだが、よりも南方系である。身体全体が青いのでアオガニと呼ぶ地域が多い。輸入ものは比較的安いが国産は高級である。
東京湾・若狭湾以西で水揚げがあり、ときにまとまって揚がる。山陰などでは名物となっている。
東南アジア、台湾などからの輸入もので補っている。
珍しさ度 珍しいカニではないが、比較的とれる時季が限定的で、西日本に多い。

水産基本情報

市場での評価 ガザミと比べると入荷量は少ない。活けは高値がつく。
漁法 刺し網
産地 鳥取県、島根県、大分県

輸入ガニ 東南アジアや中東、バーレーンなどから冷凍輸入されたもの。縦半分に切った切りガニもある。

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的に生きているもの。持って重いもの。死んで甲羅が黒くなったものなどはさける。

味わい

旬は夏。
殻は非常に硬い。
肉はしまっており、非常に甘みが強い。みそ、内子も非常に濃厚な旨みがある。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

タイワンガザミの料理・レシピ・食べ方/煮る(塩ゆで)、汁(みそ汁)
タイワンガザミ雌塩ゆで ゆでて食べるのがいちばんうまい。生きているものがいちばんうまいが、口からアイスピックなどを刺し入れて脳に当たる部分をかいて壊す。活け締めにすると脚が落ちることなく茹で上がる。これをやや強めの塩水で15分前後ゆでる。茹で上がったら流水で粗熱を取る。赤くきれいに発色し、食欲をそそる。
雌は寒くなると内子を持つ。脚の筋肉は少なく、むしろ甲羅下の筋肉と内子を味わう。内子は濃厚なうま味があり、甘くほくほくしている。

タイワンガザミ雌塩ゆで 脚、鉗脚の筋肉は少ないものの、甲羅下と甲螺についた内子の味は最上級である。甲羅下の身とみそと絡めて食べてもいい。
タイワンガザミ雄塩ゆで 断然、雄の方が大きく筋肉のことを考えると食べでがある。生きているものがいい。生きているときに口からアイスピックなどを刺し入れて脳を壊すと締まる。これをやや強めの塩水で15分前後ゆでる。茹で上がったら流水で粗熱を取る。
タイワンガザミ雄塩ゆで 食べる部分は筋肉とみそである。特に鉗脚(ハサミと腕)は超大で身がぎっしりつまっている。みそもとてもうまい。
タイワンガザミのみそ汁 小型の雌や野締めはみそ汁にするといい。ふんどしをとり、甲螺を外して鰓などを取る。これを大雑把に切って、水から煮出してみそを溶くだけである。非常に簡単な料理だが、とても味わい深い。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

切りガニ 主に冷凍輸入されたものの甲を取り去り二分したもの。みそ汁、中華食材として利用。
ケジャン 韓国で作られる丸のまま漬け込む塩から。醤油ベースのカンジャンケジャンと唐辛子などを使うヤンニョムケジャンがある。漬け込んだ身と卵巣やみそなどをすすって食べる。

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

ガザミガニ
参考スーパー 場所三重県四日市市 
アヤメガニ
参考岩尾豊紀さん 場所三重県鳥羽市 
アヤメカニ アヤメガニ
参考出間リカさん 場所三重県鳥羽市安楽島 
アオバサミ
参考本藤靖さん 場所京都府宮津湾 
アオガニ[青蟹]
参考青山時彦さん(宇部市青山鮮魚) 場所山口県宇部市 
コウヤガニ
備考長浜鮮魚市場 場所福岡県福岡市 
アオガネ
1 参考20201123佐藤厚さん 場所長崎県雲仙市富津 
キガニ
2 参考20201123佐藤厚さん 場所長崎県雲仙市富津 
アオデ[青手]
場所鳥取県、島根県など 
オイラン[花魁]
備考色合いから。