ジャノメガザミ

ジャノメガザミの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
甲幅12センチ前後になる。甲羅の前方は丸く、後方は台形。左右に強く長い棘がある。甲羅に3つの明瞭な蛇目型斑文がある。雄の鉗脚(ハサミ)は長く甲羅は左右に長い。雌の鉗脚(ハサミ)は短く甲羅の前後左右幅はあまり差がない。

ジャノメガザミの形態写真

甲幅12センチ前後になる。甲羅の前方は丸く、後方は台形。左右に強く長い棘がある。甲羅に3つの明瞭な蛇目型斑文がある。雄の鉗脚(ハサミ)は長く甲羅は左右に長い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科ガザミ属ガザミ亜属
外国名
英名/Red-spotted swimming clab
学名
Portunus (Portunus) sanguinolentus (Herbst,1783)
漢字・学名由来
漢字 蛇目蝤蛑
由来・語源 甲に蛇目模様のあるガザミという意味。蛇目文様とは同心円で中央に黒い丸、外側が白い丸で囲まれた模様。
ガザミの語源は
ハサミは強靱で強く、はさまれるとケガをするほど。それで「カニであってはさまれると痛手を負うことからカニハサミ」となり、これが短縮されて「ガザミ」となった。
地方名・市場名
モンガネ
場所長崎県雲仙市富津 参考20201123佐藤厚さん 
ジョウトウヘイ[上等兵]
場所静岡県雄踏町 浜名漁協雄踏支所 鈴木瑞穂75歳 、愛知県一色 仲買店兼カ 
サントウヘイ[三等兵]
場所静岡県雄踏町 浜名漁協雄踏支所 新久丸45歳 
ミツボシ[三つ星]
場所愛知県蒲郡市西浦 西浦魚市場 
メガネ[眼鏡] モンツキ[紋付]
場所徳島県阿南市 徳島県地方卸売市場橘水産魚市場 
モンガニ[紋蟹]
場所三重県尾鷲市 尾鷲周辺名(『一日一魚』岩田明人)、和歌山市雑賀崎(金栄丸 『はまかぜ通信』 寺井政見さん)、徳島県 

概要 ▽

生息域

海水生。東京湾、秋田県以南、九州、琉球列島、八重山。台湾、インド太平洋、ハワイ。
水深20〜30メートルの砂地。

生態

基本情報

比較的暖かい地域では一般的。
関東などではあまり見かけない。
ガザミ類では中型種で、中部日本以西では一般的な食用ガニ。
ガザミなどと比べると安くて庶民的。
冷凍輸入も多く、格安なカニ汁(みそ汁)、中華食材などになって料理店などで使われている。

水産基本情報

市場での評価 関東ではあまり見かけない。生鮮品よりも冷凍輸入ものが多い。ガザミよりも安く、輸入ものは非常に安い。
漁法 刺し網、底曳き網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもので持ってみて重いもの。

味わい

旬は不明
年間を通じてあまり味が落ちない。
殻は比較的柔らかい。
脚の筋肉よりも甲羅下の身の方が多い。
ほどよく繊維質。
非常に甘みが強く、後味が短くさっぱりしている。
汁にして非常にいいだしが出る。
卵巣、みそも美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
みそ汁、ゆでる
ジャノメガザミの味噌汁
みそ汁 あまり手の込んだ料理には向かない。いちばんうまいのはぶつ切りにして、水から煮て、みそを溶いた汁。カニの臭みがみそで消えて、味わい深いものとなる。
茹でたジャノメガザミ
ゆでる やや強めの塩加減でゆでる。非常に上品な甘みがあり、量食べても食べ飽きない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
食用のカニでは重要なもの。三河湾や紀伊半島ではお馴染みのカニであり、ときに子供のおやつとなっていたこともある。すなわちそれほど甘みがあったということか?
ただ、近年、築地などで見かけるのは冷凍で輸入されたものがほとんど。それがなかなかいい値段である。
■1990年に大阪から鳥羽まで紀伊半島をぐるっと回る旅にでた。2泊で回る強行軍であったが2泊とまった旅館、民宿共に本種のみそ汁がついた。大雑把に身をせせっていると、なかなか甘味があってうまい。浜島町の民宿で「茹でてもうまいでしょうね?」と話すとさっそく茹でてくれて、これが塩加減も抜群で絶品の味。

参考文献

『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる