ガザミ属

Genus Portunus Weber, 1795

十脚目について


産卵後卵を放出する根鰓亜目と腹脚に付着させて守る抱卵亜目にわかれる。
Suborder Dendrobranchiata Spence Bate, 1888 根鰓亜目
Superfamily/Penaeoidea Rafinesque, 1815/クルマエビ上科
Superfamily/Sergestoidea Dana, 1852/サクラエビ上科
クルマエビ科やサクラエビ科で多くの食用種を含む。
Suborder Pleocyemata Burkenroad, 1963 抱卵亜目
甘えびなどのタラバエビ科、異尾類のヤドカリやタラバガニ、短尾類のガザミやサワガニなど膨大な種を要している。
Infraorder/Achelata Scholtz & Richter, 1995
Infraorder/Anomura MacLeay, 1838 異尾下目
Infraorder/Astacidea Latreille, 1802 ザリガニ下目
Infraorder/Axiidea de Saint Laurent, 1979 アナエビ下目
Infraorde/Brachyura Linnaeus, 1758 短尾下目
Infraorder/Caridea Dana, 1852 コエビ下目
Infraorder/Gebiidea de Saint Laurent, 1979 アナジャコ下目
Infraorder/Glypheidea Winckler, 1882
Infraorder/Polychelida Scholtz & Richter, 1995 センジュエビ下目
Infraorder/Stenopodidea Spence Bate, 1888 オトヒメエビ下目

短尾下目(Brachyura)について


一般的に「蟹(カニ)」と呼ばれている生物の大部分を占める。
Superfamily/Calappoidea De Haan, 1833/カラッパ上科
Family Calappidae De Haan, 1833/カラッパ科
Superfamily/Cancroidea Latreille, 1802/イチョウガニ上科
Family Atelecyclidae Ortmann, 1893/クリガニ科
Family Cancridae Latreille, 1802/イチョウガニ科
Superfamily/Carpilioidea Ortmann, 1893
Family Carpiliidae Ortmann, 1893
Genus/Carpilius A. G. Desmarest, 1823/アカモンガニ属
Superfamily/Dorippoidea MacLeay, 1838/ヘイケガニ上科
Family Dorippidae MacLeay, 1838/ヘイケガニ科
Superfamily/Grapsoidea MacLeay, 1838/イワガニ上科
Family Gecarcinidae MacLeay, 1838/オカガニ科
Family Grapsidae MacLeay, 1838/イワガニ科
Family Sesarmidae Dana, 1851/ベンケイガニ科
Family Varunidae H. Milne Edwards, 1853/モクズガニ科
Superfamily/Homoloidea De Haan, 1839/ホモラ上科
Family Homolidae De Haan, 1839/ホモラ科
Family Latreilliidae Stimpson, 1858/ミズヒキガニ科
Superfamily/Leucosioidea Samouelle, 1819/コブシガニ上科
Family Leucosiidae Samouelle, 1819/コブシガニ科
Superfamily/Majoidea Samouelle, 1819/クモガニ上科
Family Hymenosomatidae MacLeay, 1838 ヤワラガニ科
Family Majidae Samouelle, 1819/クモガニ科
Family Oregoniidae Garth, 1958/ケセンガニ科
Superfamily/Portunoidea Rafinesque, 1815/ガザミ・ワタリガニ上科
Family Geryonidae Colosi, 1923 オオエンコウガニ科
Family Portunidae Rafinesque, 1815 ガザミ/ワタリガニ科
Superfamily/Raninoidea De Haan, 1839/アサヒガニ上科
Family Raninidae De Haan, 1839/アサヒガニ科
などなど。

ガザミ科(Portunidae)について

魚市場で活かされている小型のガザミ
 ワタリガニ科とも。
 いちばん後方の脚(第4歩脚)が櫂(オール状)になっており泳ぐことが出来る。カニなのに遠くまで移動(渡る)ことができるのでワタリガニと呼ばれることが多い。また温帯、熱帯にまで広く生息しており、世界中で重要な食用ガニとなっている。国内での水揚げの減少から東南アジアなどからの輸入が盛んとなっている。
 本州から九州、沖縄までの沿岸域、内湾に多く、古くは海産のカニの代表的なものだった。
 非常に小型のものから大型になるものまであり、食用種は多い。代表的なものはガザミ、タイワンガザミ、ノコギリガザミ、ジャノメガザミ、ヒラツメガニなど。
 もっとも重要なのがガザミで九州、瀬戸内海などでは名物ともなっている。

ガザミ属(Portunus)について


Portunus (Monomia) Gistel, 1848/イボガザミ亜属
Species Portunus (Monomia) argentatus (A. Milne-Edwards, 1861)/ヒメイボガザミ
Species Portunus (Monomia) gladiator Fabricius, 1798/イボガザミ
Species Portunus (Monomia) petreus (Alcock, 1899)/ツブイボガザミ
Species Portunus (Monomia) rubromarginatus (Lanchester, 1900)
Portunus (Portunus) Weber, 1795/ガザミ亜属
Species Portunus (Portunus) pelagicus (Linnaeus, 1758)/タイワンガザミ
Species Portunus (Portunus) pubescens (Dana, 1852)/ケブカガザミ
Species Portunus (Portunus) sanguinolentus (Herbst, 1783)/ジャノメガザミ
Species Portunus (Portunus) trituberculatus (Miers, 1876) ガザミ/ワタリガニ
Portunus (Xiphonectes) A. Milne-Edwards, 1873/ヒメガザミ亜属
Species Portunus (Xiphonectes) brockii (de Man, 1887)/ツノナシイボガザミ
Species Portunus (Xiphonectes) hastatoides Fabricius, 1798/ヒメガザミ
Species Portunus (Xiphonectes) iranjae Crosnier, 1962/ツノヒメガザミ
Species Portunus (Xiphonectes) longispinosus (Dana, 1852)/テナガヒメガザミ
Species Portunus (Xiphonectes) macrophthalmus Rathbun, 1906
Species Portunus (Xiphonectes) pseudotenuipes Spiridonov, 1999
Species Portunus (Xiphonectes) pulchricristatus (Gordon, 1931)
Species Portunus (Xiphonectes) rugosus (A. Milne-Edwards, 1861)
Species Portunus (Xiphonectes) spinipes (Miers, 1886)
Species Portunus (Xiphonectes) stephensoni Moosa, 1981
Species Portunus (Xiphonectes) tenuipes (De Haan, 1835)/ケブカイボガザミ
Species Portunus (Xiphonectes) tuberculosus (A. Milne-Edwards, 1861)

ガザミ属に属する仲間一覧


通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる