ワニギス(Benttooth)

Scientific Name / Champsodon snyderi (Franz,1910)

ワニギスの形態写真

体長12センチ前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ワニギス科ワニギス属

    外国名

    Benttooth

    学名

    Champsodon snyderi (Franz,1910)

    漢字・学名由来

    漢字 鰐鱚
    由来・語源 体は鱚のようで顔が鰐のようにいかついため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深70-400m前後まで。
    新潟県以南の日本海、福島県以南九州の太平洋。朝鮮半島南岸、東シナ海大陸斜面、オーストラリア南東岸。

    生態

    基本情報

    10センチ弱の小魚であるが面構えの凄まじさ、珍奇な姿態に惹かれるところがある。主に底引き網などで混獲される。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「ワニギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ