ミナミワニギス(Benttooth)

Scientific Name / Champsodon longipinnis (Matsubara and Amaoka,1964)

ミナミワニギスの形態写真

体長20センチ近くになる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ワニギス科ワニギス属
    外国名
    Benttooth
    学名
    Champsodon longipinnis (Matsubara and Amaoka,1964)
    漢字・学名由来
    漢字 南鰐鱚
    由来・語源 ワニギスの仲間でより南方系の意。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。駿河湾以南愛知、三重県、土佐湾、奄美大島、沖縄舟状海盆。オーストラリア北東岸北部。
    水深250メートル前後。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ミナミワニギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ