ミタマキガイ

Scientific Name / Glycymeris imperialis Kuroda,1934

ミタマキガイの形態写真

3センチを超える円形状。よく膨らむ。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱フネガイ目オオシラスナガイ超科タマキガイ科タマキガイ亜科タマキガイ属

    外国名

    学名

    Glycymeris imperialis Kuroda,1934

    漢字・学名由来

    漢字 御玉置貝
    由来・語源 タマキガイに近い種で、昭和天皇が葉山御用邸において採取したものを新種記載したため「御」をつけた。模式産地/相模湾

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。三陸から九州、山形県。
    水深15〜50メートル。

    生態

    基本情報

    相模貝類同好会の会報の誌名「みたまき」になっている。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ミタマキガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ