マツカサウオ(Knight fish)

Scientific Name / Monocentris japonica (Houttuyn, 1782)

マツカサウオの形態写真

体長10cm前後になる。硬く厚い鱗で身体が覆われる。背鰭、腹鰭は長く太く硬い。下あごの先端部に発光器があり、発光バクテリアがいて赤く発光する。
マツカサウオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長10cm前後になる。硬く厚い鱗で身体が覆われる。背鰭、腹鰭は長く太く硬い。下あごの先端部に発光器があり、発光バクテリアがいて赤く発光する。体長10cm前後になる。硬く厚い鱗で身体が覆われる。背鰭、腹鰭は長く太く硬い。下あごの先端部に発光器があり、発光バクテリアがいて赤く発光する。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目マツカサウオ科マツカサウオ属
    外国名
    Knight fish
    学名
    Monocentris japonica (Houttuyn, 1782)
    漢字・学名由来
    漢字 松毬魚
    由来・語源 東京での呼び名。体表にある黒い網代状の筋が松ぼっくり(まつかさ)に似ているため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。
    北海道積丹半島〜九州南岸の日本海・東シナ海、青森県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、沖縄列島。東シナ海大陸棚斜面、朝鮮半島南岸、済州島、台湾、江蘇省、浙江省、インド〜西太平洋、紅海。
    生態
    下あごの部分に発光バクテリアを宿し、弱い光を出す。
    基本情報
    定置網などに入ってしまう代表的な雑魚のひとつ。
    強い棘があり、面倒なので嫌われている。
    発光する魚なので水族館などでは人気がある。
    田中茂穂は「相当美味であるから、蒲鉾原料ともなるものである」とあるが、練り製品になったかどうかは不明だが、味のいい魚だ。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷しない。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    目が澄んでいるもの。黄金色のもの。
    味わい
    旬は不明
    鱗は硬く、棘が非常に強く長い。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身であるが、身は体の大きさの割りに少ない。
    焼くと適度に締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    マツカサウオの料理法・調理法・食べ方/焼く(丸焼き)、生食(刺身)、汁(みそ汁)、煮る(煮つけ)
    マツカサウオの丸焼き
    マツカサウオの丸焼き
    鱗も内臓も取らずに、そのまま焼き上げる。硬い鱗の下には豊潤な白身が隠れている。甘味が強い。
    マツカサウオの丸焼き2マツカサウオの丸焼き
    魚体を折ると白い身がはじけ出す。
    マツカサウオの刺身マツカサウオの刺身
    クセのない白身で甘味が強い。鮮度がよいと肝も美味。
    マツカサウオのみそ汁マツカサウオの塩焼き
    ぶつ切りにして水から煮出してみそをといた。実に濃厚な味のみそ汁。
    マツカサウオの煮つけマツカサウオの煮つけ
    、ぶつ切りにして煮ると身がふくらむ。この身にうま味と甘味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    俗間何かのまじなひとして門戸にかけることがある。 『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)
    魔除け 家の入り口に吊しておく。子供や家族が病気にならないように家の入り口に吊しておく。この特異な姿に鬼などが恐れるとしてためか。[兵庫県南あわじ市沼島]
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)
  • 主食材として「マツカサウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ