このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「マツカサウオ」はこちら >>
キンメダイ目マツカサウオ科マツカサウオ属 マツカサウオ Monocentris japonica
他のキンメダイ目の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★★
■一般に食用とはしない
漢字◆「松毬魚」。
食べ方◆ 塩焼き/刺身もうまいという情報在り(未確認)

 北海道南部以南の浅い岩場などに棲息している。
 関東では千葉県外房や神奈川県三浦半島、伊豆半島などの磯まわりに普通に見られる。まるで硬いプラスチックで作られたおもちゃのような姿である。しかも頭部下顎のあたりが発光するとますます生き物らしさを失ってしまう。体長20センチ足らずの小型の魚であるが水族館や、アクアリストの間では人気がある。
■「食ったらうまい」というのが千葉県外房通いをしていたときの、釣り師の間での話である。釣れたという話は聞いたことがないので、食べた人達が本種をどうやって捕まえたのかとても知りたかった。御存知の方は連絡していただきたい。今回はただ単に塩焼きで食べてみた。刺身にしてみたかったのであるがわずか10センチ足らずではとても無理。しかもこの魚、カチンカチン、硬くてチクチクする皮を取り去るのは大変な努力を要する。頭を落として露出した身に塩を振り炭火で焼いた。これが確かにうまい。殻のような皮下に脂があり、旨味もある白身である。
●静岡県沼津市 沼津魚市場定置網



関連コンテンツ

サイト内検索

目次