ホンフサアンコウ(Tasseled coffinfish)

Scientific Name / Chaunax fimbriatus Hilgendorf, 1879

ホンフサアンコウの形態写真

30cm SL 前後になる。背鰭の前方に明るい大きな斑紋がある。誘引突起のあるくぼみの後端は目の前縁を結ぶ線よりも後方にある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正骨下区側棘上目アンコウ目フサアンコウ亜目フサアンコウ科フサアンコウ属

    外国名

    Tasseled coffinfish

    学名

    Chaunax fimbriatus Hilgendorf, 1879

    漢字・学名由来

    漢字/本房鮟鱇
    由来・語源/田中茂穂はフサアンコウとしている。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1936、第二版1943)においてもフサアンコウ。『深海の魚族』(蒲原稔治 日本出版社 1950)にもフサアンコウ属は本種1種のみ。
    1980年前後にフサアンコウ属が整理される。ミドリフサアンコウ、ハナグロフサアンコウ、そして本種の3種に分かれる。もっとも古く記載されていて国内でフサアンコウだったものに「本」をつけた。
    英名の「Tassled coffinfish」は房のある棺桶魚。
    Hilgendorf
    Franz Martin Hilgendorf(フランツ・ヒルゲンドルフ 1839-1904 ドイツ)。動物学者。お雇い外国人教師として来日。第一大学区医学校で日本で初めて博物学の講義を行う。魚類の採取を積極的に行い。魚河岸や江ノ島に通い。函館など日本各地を旅行した。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。水深30-590m。
    青森県三戸郡階上町大字道仏小舟渡、千葉県銚子〜土佐湾の太平洋沿岸。東シナ海の大陸棚縁辺〜斜面、九州〜パラオ海嶺。
    中国南シナ海沿岸、西沙諸島、大スンダ列島南岸、オーストラリア北西岸・東岸、サンゴ海。

    生態

    基本情報

    深場の底曳き網などでとれるもので、フサアンコウ属ではもっとも古くから知られていた。
    三河湾などでは練り製品に使われていたとある。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『深海の魚族』(蒲原稔治 日本出版社 1950)
  • 主食材として「ホンフサアンコウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ