ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハナグロフサアンコウ(Pencil coffinfish)

Scientific Name / Chaunax penicillatus McCulloch, 1915

ハナグロフサアンコウの形態写真

体長36cm前後になる。全体にオレンジ色をしており黄緑色の斑紋は不定形で丸くはない。誘引突起は柄の部分が非常に短く黒と白の房状のものがつく。
ハナグロフサアンコウの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長36cm前後になる。全体にオレンジ色をしており黄緑色の斑紋は不定形で丸くはない。誘引突起は柄の部分が非常に短く黒と白の房状のものがつく。体長36cm前後になる。全体にオレンジ色をしており黄緑色の斑紋は不定形で丸くはない。誘引突起は柄の部分が非常に短く黒と白の房状のものがつく。誘引突起の柄の部分は非常に短く、房は前方が黒く、後方が白い。
以下ユーザーの皆様からのアップロード写真
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正骨下区側棘上目アンコウ目フサアンコウ亜目フサアンコウ科フサアンコウ属
    外国名
    Pencil coffinfish
    学名
    Chaunax penicillatus McCulloch, 1915
    漢字・学名由来
    漢字/鼻黒房鮟鱇
    由来・語源/フサアンコウの仲間で誘引突起の房を納めたときに「鼻黒」に見えるため。
    鼻黒とは 誘引突起についた房は前方が黒く、後方が白い。前方が全面に出たときに「鼻が黒く」見えるため。
    地方名・市場名
    Synonym(s) : Chaunax tosaensis Okamura & Oryuu, 1984
    生息域
    海水魚。水深170-600m。
    千葉県銚子、駿河湾、熊野灘、土佐湾、北緯30度以南の東シナ海大陸棚縁辺、九州〜パラオ海嶺。
    生態
    基本情報
    非常に希にしかとれないという意味でのマイナー魚。
    生息域などいろんな意味で研究途上にある。
    底曳き網などで揚がり、産地周辺では利用されていそうだ。
    水産基本情報
    市場での評価/珍魚といってもいい魚で一定の評価はない。
    漁法/底曳き網、刺し網
    産地/静岡県
    選び方
    味わい

    ハナグロフサアンコウの七つ道具ハナグロフサアンコウの七つ道具
    肝/美味
    皮/本種の場合棘があって食べられない
    とも(鰭)/軟骨があって美味
    水袋(胃)/弾力があって美味
    鰓/硬く強いので食べられない
    ぬの(卵巣)/あまり味がない
    柳肉(尾とほおなどの身の部分)/水分が多く、煮ても硬く締まらない。ほんのり甘味がある
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方




    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ハナグロフサアンコウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ