ヒラタヌマコダキガイ

Scientific Name / Potamocorbula laevis Hinds, 1843

ヒラタヌマコダキガイの形態写真

殻長2センチ前後になる。褐色の殻皮をかぶり、貝殻は白い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱オオノガイ目オオノガイ亜目オオノガイ超科クチベニガイ科ヌマコダキガイ亜科ヌマコダキガイ属
    外国名
    学名
    Potamocorbula laevis Hinds, 1843
    漢字・学名由来
    漢字 平沼子抱貝
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。アサリ、ハマグリなどと生息域が重なる。
    有明海。韓国、中国などからの移入種。
    生態
    基本情報
    移入種で、有明海では定着している模様。
    一度だけ関東の市場で見ている。
    水産基本情報
    市場での評価 有明海などでは密かに食用とされていると思われる。関東などには希に入荷してくる。安い。
    漁法
    産地 有明海周辺
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻は軟らかく薄い。
    いいだしが出て、熱を通しても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 みそ汁
    みそ汁◆アサリ同様にみそ汁にして美味。クセのない味のいいみそ汁になる。
    入荷状態。
    ヒラタヌマコダキガイのみそ汁みそ汁は美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヒラタヌマコダキガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ