ハナシャコ

Scientific Name / Odontodactylus japonicus (De Haan,1844)

ハナシャコの形態写真

体長15センチ前後になる。体は丸みをおびて細長い。刺し網

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)トゲエビ亜綱口脚目(シャコ目)フトユビシャコ上科ハナシャコ科ハナシャコ属

    外国名

    学名

    Odontodactylus japonicus (De Haan,1844)

    漢字・学名由来

    漢字 花蝦蛄
    由来・語源 赤や青など花を思わせる色だから。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。東京湾、相模湾、駿河湾、紀伊半島、土佐湾、長崎、八重山諸島、小笠原。台湾、シナ海、香港、セーシェル諸島、オーストラリア沿岸。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    シャコと比べると大味ではあるが甘みがあり上々の味わい。まとまってとれさえすれば食用として十分価値あり。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    ゆでる

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります沼津では底引き網でときたまとれるもの。まとまってとれることもあり食用とされた。身もたっぷりあり知る人ぞ知るといった存在。近年ではとれることが希になって、この味わいを知る人も少なくなっているようだ。

    参考文献・協力

    伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ハナシャコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ