モンハナシャコ(Peacock mantis shrimp)

Scientific Name / Odontodactylus scyllarus (Linnaeus,1758)

モンハナシャコの形態写真

体長13センチ前後になる。体に不定形の斑紋が散らばる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)トゲエビ亜綱口脚目(シャコ目)フトユビシャコ上科ハナシャコ科ハナシャコ属
    外国名
    Peacock mantis shrimp
    学名
    Odontodactylus scyllarus (Linnaeus,1758)
    漢字・学名由来
    漢字 紋花蝦蛄
    由来・語源 体に円形に近い斑紋が散らばるため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。和歌山県串本、鹿児島県南さつま市、坊津、小笠原。台湾、インド西太平洋。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「モンハナシャコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ