ハチ(Bearded waspfish)

Scientific Name / Apistus carinatus (Bloch and Schneider,1801)

ハチの形態写真

SL 12cm前後になる。紡錘形で背鰭後半に黒い斑紋がある。下顎に2対のヒゲがある。
ハチの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 12cm前後になる。紡錘形で背鰭後半に黒い斑紋がある。下顎に2対のヒゲがある。SL 12cm前後になる。紡錘形で背鰭後半に黒い斑紋がある。下顎に2対のヒゲがある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    ★★

    まずくはない
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ハチ科ハチ属
    外国名
    Bearded waspfish
    学名
    Apistus carinatus (Bloch and Schneider,1801)
    漢字・学名由来
    漢字
    由来・語源 神奈川県三崎帝国大学臨海実験所(1886年明治19)雇青木熊吉(三崎の漁師で採取名人と呼ばれた)命名。鰭に触り刺されるとはなはだしく痛いため。「蜂のようだ」という意味合い。
    Bloch
    Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。
    地方名・市場名 [?]
    ヒレカサゴ
    備考別名。 
    オコゼ カザハナ カレススキ シラボシ シラホレ シラボレ シロオコゼ セトビラオ ヒヒラギ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。100mよりも浅い砂泥地・砂地。
    茨城県〜九州南岸の大平洋沿岸、新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、屋久島、東シナ海大陸棚域、希に小笠原諸島。
    朝鮮半島南岸、台湾、広東省・広西省、インド-西太平洋。
    生態
    背鰭に毒を持ち、刺されると非常に痛む。
    基本情報
    比較的温かい海域の浅場に普通に見られる魚だ。手の平に5〜6尾乗るほどの小魚でもある。
    定置網などでも珍しいものではないが、まとまってとれることはない。あえて言えば刺されると痛むのでやっかいな存在だ。
    食用とする地域はまだ知らない。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    漁法/定置網
    産地/
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は小さく取りやすいものの、非常に小型なのでわずらわしい。骨は柔らかい。
    透明感のある水分の多い白身で煮ると硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ハチの料理法・調理法・食べ方/揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)

    ハチの唐揚げ 煮ても焼いても、食べられる部分は少なく食べた気にならない。水洗いして開き片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げするとまるごと余すことなく食べられる。香ばしくてとてもおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/二宮定置(神奈川県二宮町/山崎哲也さんほか)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ハチ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ