ハクテンシビレエイ(Numbray)

Scientific Name / Narke dipterygia (Bloch&Schneider,1801)

ハクテンシビレエイの形態写真

体長20センチ前後になる。ウチワ型で背鰭は1つ。体表に白い斑紋が散らばる。沼津定置網

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    動物界脊索動物門顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目シビレエイ目シビレエイ科シビレエイ属
    外国名
    Numbray
    学名
    Narke dipterygia (Bloch&Schneider,1801)
    漢字・学名由来
    漢字 白点痺鱝、白点痺鱏
    由来・語源 シビレエイの仲間で身体に白い斑点があるため。「シビレエイ」は体内に発電器を持ち、不用意に触ると感電し、しびれるため。
    Bloch
    Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。若狭湾、南日本(駿河湾、熊野灘)。〜インド洋。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ハクテンシビレエイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ