チガイソ

Scientific Name / Alaria crassifolia Kjellman

チガイソの形態写真

長さ1.5メートルになる。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱コンブ目チガイソ科アイヌワカメ属
    外国名
    学名
    Alaria crassifolia Kjellman
    漢字・学名由来
    漢字 千賀磯
    由来・語源 不明。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。低潮線〜漸深帯。
    北海道太平洋沿岸日高〜太平洋沿岸北部。
    生態
    基本情報
    北海道でとれる海藻で利用法はワカメと同じ。
    北海道でのワカメの普及とともに利用されなくなった。
    現在では養殖が試みられており、乾燥してものが販売されている。
    水産基本情報
    市場での評価 流通上は見ていない。北海道の限定的な海藻である。
    漁法 採取、養殖
    産地 北海道
    選び方
    乾物なので乾燥のいいもの。色変わりや湿気ていないもの。
    味わい
    旬は乾物なのでない。
    食感がほどよく、海藻らしい香りもある。
    煮てもくずれない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 汁(みそ汁、すまし汁)、和えもの(サラダ)、炒め煮
    汁◆汁の具にして煮込んでもくずれず、味わい深く、食感がいい。ワカメよりも使いやすいかも知れない。
    和えもの◆水で10分前後もどして、そのままサラダや酢のものになる。なかなか味がいい。
    炒め煮◆ヒジキのように油揚げなどと炒めてもうまい。味つけを控えめにするのがコツ。
    乾物が売られている。
    チガイソのみそ汁みそ汁に入れても煮くずれない。
    酢のもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    「チガイソ養殖指導」北海道渡島南部地区水産技術普及指導所 牧本 浩一
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「チガイソ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ