シオマネキ(Fiddler crab)

Scientific Name / Tubuca arcuata (De Haan, 1835)

シオマネキの形態写真

甲幅34mm前後になる。雄は雌よりも大きく左右いずれかの鉗脚が非常に大きい。雌は左右とも小さく弱々しい。[雄]
シオマネキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
甲幅34mm前後になる。雄は雌よりも大きく左右いずれかの鉗脚が非常に大きい。雌は左右とも小さく弱々しい。[雄]甲幅34mm前後になる。雄は雌よりも大きく左右いずれかの鉗脚が非常に大きい。雌は左右とも小さく弱々しい。[雄]甲幅34mm前後になる。雄は雌よりも大きく左右いずれかの鉗脚が非常に大きい。雌は左右とも小さく弱々しい。[雄]甲幅34mm前後になる。雄は雌よりも大きく左右いずれかの鉗脚が非常に大きい。雌は左右とも小さく弱々しい。[雌]甲幅34mm前後になる。雄は雌よりも大きく左右いずれかの鉗脚が非常に大きい。雌は左右とも小さく弱々しい。[雌]
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目スナガニ上科スナガニ科シオマネキ属

    外国名

    Fiddler crab

    学名

    Tubuca arcuata (De Haan, 1835)

    漢字・学名由来

    漢字/潮招、望潮
    由来・語源/常に海の方に向き、ハサミ(鉗脚)を上げ下げしているのが、潮を招くように見えるため。
    De Haan
    Wilhem de Haan (ウィレム・デ・ハーン 1801-1855 オランダ)。ライデン王立自然史博物館。シーボルトが日本から持ち帰った標本、特に甲殻類を研究。『日本動物誌』(Fauna Japonica)をテミンク、シュレーゲルとともに編む。日本に生息する甲殻類の多くを記載している。

    地方名・市場名

    マガニ マガネ ガンヅケガニ
    場所有明海周辺 
    カタツメ[片爪]
    場所岡山県児島湾 参考『児島湾』(同前峰雄 岡山文庫) 

    生息域

    汽水域上弦に近い河口域・干潟。
    瀬戸内海、四国、九州、西南諸島。
    朝鮮半島、中国、台湾。

    生態

    基本情報

    一般的には食用としないが、有明海周辺では「まがに漬け(がん漬け。がね漬けなどとも)」というつぶした本種と唐辛子で漬け込んで熟成させた塩辛を作る。

    水産基本情報

    市場での評価/「まがに漬け(塩辛)」のみが少ないながら主に有明海中心に流通する。
    漁法/採取
    産地/福岡県、佐賀県

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    有明海周辺。

    加工品・名産品


    まがね漬け
    まがね漬け(がんづけ) 干潟で採取したシオマネキのふんどしを取り、臼(うす)に入れて細かくつき砕く。これを30%ほどの塩、唐辛子ととも漬け込む。数ヶ月熟成させたもの。カニの殻はそのままであるので適量口に含み、硬くて噛み切れない部分は出す。塩味だけなのに独特のうま味が強く、唐辛子の辛みのなかに甘味が感じられる。非常に美味で、酒の肴として優秀である。[ひらやま(夜明茶屋) 福岡県柳川市]

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/江崎恭志さん
    『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「シオマネキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ