カイシアオリ

Scientific Name / Isognomon perna (Linnaeus, 1767)

代表的な呼び名アオリガイ

カイシアオリの形態写真

50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。
カイシアオリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。 50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。 50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。 50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。 50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。 50mm SL 前後になる。靭帯面に複数の靱帯穴が並ぶ。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    軟体動物門二枚貝綱ウグイスガイ目ウグイスガイ亜目ウグイスガイ超科マクガイ科マクガイ属
    外国名
    学名
    Isognomon perna (Linnaeus, 1767)
    漢字・学名由来
    漢字/介志障泥
    由来・語源/黒田徳米の命名。『介志』(畔田伴存)より。『介志』は電子化されていないので、見ていないが「障泥貝」もしくは「障泥介」なのだろう。「あおり」は馬具の一種で鞍の下に敷く泥よけ。黒田徳米はなぜこれに、書籍名をつけたのだろう。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    介志
    畦田伴存著。江戸時代後期。15属2233種の貝を図示。目八譜よりも後に成立。多くの和名を創出している。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。水深20mよりも浅い岩礁底。
    房総半島以南の熱帯西太平洋。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/三村篤志さん
    『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『沖縄の海の貝・陸の貝』(久保弘文、黒住耐二 1995)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「カイシアオリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ