オキセミホウボウ(Flying gurnard)

Scientific Name / Dactyloptena gilberti   Snyder, 1909

オキセミホウボウの形態写真

体長20cm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目セミホウボウ亜目セミホウボウ科セミホウボウ属

    外国名

    Flying gurnard

    学名

    Dactyloptena gilberti   Snyder, 1909

    漢字・学名由来

    漢字 沖蝉魴鮄、沖蝉竹麦魚
    由来・語源 沖合の深場にいるセミホウボウ科の魚の意味。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。
    駿河湾、三重県尾鷲市、高知県上川口(黒潮町)、山口県日本海沿岸、福岡県津屋崎、長崎県橘湾、鹿児島県南さつま市笠沙。タイランド湾、ベンガル湾、アラビア海。

    生態

    セミホウボウとの見分け方は尻ビレに黒い斑紋がないことと、吻(鼻っさき)が垂直に近く突出しない、などである。

    基本情報

    水産基本情報

    南日本に棲息。市場にくるのは非常に稀な魚である。

    選び方

    味わい

    皮が硬くおろすのは大変だ。身は血合いが多く個性的。刺身にすると好き嫌いが出る。無難なのは唐揚げ、煮つけ。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    唐揚げ/煮つけ

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「オキセミホウボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ