エンドウ

Scientific Name / Pisum sativum

エンドウの形態写真

サヤの長さ10cm前後。

    • 物知り度


      知らなきゃ恥
    • 食べ物としての重要度

      ★★★★★
      非常に重要
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    植物界真葉植物門種子植物双子葉植物綱マメ目マメ科エンドウ属陸生植物

    外国名

    学名

    Pisum sativum

    漢字・学名由来

    漢字/豌豆
    由来・語源/『斉民要術(せいみんようじゅつ)』(632-642年)。中国北魏の頃の農業・牧畜などの書。

    地方名・市場名

    生息域

    陸上植物(陸生植物)。
    栽培種。
    中央アジア、近東原産。

    生態

    基本情報

    石器時代から利用されていたマメ科の植物。主に実を食べる。
    非常に若獲りのさやごと食べる「絹さや」、未成熟の種を食べるグリーンピース、ウスイ、成熟して乾燥させた緑豆など様々な品種がある。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)


    豆ご飯 春になると関西、紀州ではウスイの未成熟豆が出回る。これを炊き込みご飯にする。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本の野菜』(青葉高著 八坂書房)
  • 主食材として「エンドウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ