エゾフネガイ

Scientific Name / Crepidula grandis Middendorff, 1849

エゾフネガイの形態写真

殻長10センチ近くになる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門盤足目カリバガサガイ超科カリバガサガイ科エゾフネガイ亜科エゾフネガイ属
    外国名
    学名
    Crepidula grandis Middendorff, 1849
    漢字・学名由来
    漢字 蝦夷舟貝
    由来・語源 岩川友太郎の命名。舟を伏せたような形で北海道など北方域にいるため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。エゾボラ、ホタテガイ、岩などに付着する。
    東北以北。〜アリューシャン。
    生態
    基本情報
    食用ではなくホタテガイ、エゾボラなどに付着するので養殖業、水産業での嫌われ者のひとつ。
    水産基本情報
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻が薄く、比較的付着している貝などから簡単に引き離せる。
    熱を通しても身が縮まず、軟らかい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 酒蒸し
    酒蒸し◆集めてよく洗い、酒蒸しにして食べている。非常に軟らかく甘みがあってうまい。
    エゾボラに付着して入荷(?)。
    酒蒸しにすると非常に美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
    『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「エゾフネガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ