ウロコガレイ(英名/Scalyeyelid flounder)

Scientific Name / Lepidoblepharon ophthalmolepis Weber, 1913

ウロコガレイの形態写真

体長30センチ前後になる。画像は静岡県沼津市戸田、駿河湾のトロールで見つけた

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目アレイ亜目コケビラメ科ウロコガレイ属
    外国名
    英名/Scalyeyelid flounder
    学名
    Lepidoblepharon ophthalmolepis Weber, 1913
    漢字・学名由来
    漢字 鱗鰈
    由来・語源 鱗が大きく、目が右側に片寄っているのでカレイ類である、という意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深315〜500メートル。
    駿河湾、土佐湾、山陰、東シナ海、九州南岸。東シナ海大陸棚斜面上部域、アラフラ海
    生態
    基本情報
    底曳き網などで揚がるが希。
    食用としている地域は知らない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗が柔らかく取りやすい。
    やや水分が多く骨は硬い。
    クセのない白身。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 塩焼き(干もの)、唐揚げ
    塩焼き◆軽く干して焼いて美味。鰭や皮が香ばしい。
    唐揚げ◆思ったよりも骨が硬いのでじっくり揚げて煎餅のようにする。


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ウロコガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ