イセゴイ(Indo-Pacific tarpon)

Scientific Name / Megalops cyprinoides (Broussonet,1782)

イセゴイの形態写真

体長1メートル前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


      食べられなくはない

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区カライワシ下区カライワシ目イセゴイ科イセゴイ属

    外国名

    Indo-Pacific tarpon

    学名

    Megalops cyprinoides (Broussonet,1782)

    漢字・学名由来

    漢字 伊勢鯉
    由来・語源 浜名湖での呼び名から。伊勢鯉の意味は不明。田中茂穂は「もともとイセゴイといい、ハイレンに変えた」とある。浜名湖でイセゴイはメナダのこととも。
    本来、「伊勢鯉」は三重県ではボラのこと。

    地方名・市場名

    生息域

    海水、汽水、淡水。新潟県、東京湾以南、琉球列島。〜インド・西太平洋。

    生態

    孵化後レプトケファルス(ヤナギの葉状幼生/透明で左右に平たい)を減る。

    基本情報

    一般に食用ではない。
    汽水域、淡水域にも入る。相模湾ではときどき定置網などに入るが、珍しい魚だという。

    水産基本情報

    流通することはまずない

    選び方

    味わい

    まずくて食べられない。
    小骨が多く身は柔らかい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    煮ても焼いても生でも金属をなめたときのような臭みがありまずい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「イセゴイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ