アサヒガニ(Spanner crab,Red frog crab)

Scientific Name / Ranina ranina (Linnaeus,1758)

アサヒガニの形態写真

体長15センチ前後になる。エビとカニの中間的な形でふんどしは完全には折りたたまれない。左が雄、右が雌。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    動物界節足動物門甲殻綱十脚目短尾下目アサヒガニ上科アサヒガニ科アサヒガニ属
    外国名
    Spanner crab,Red frog crab
    学名
    Ranina ranina (Linnaeus,1758)
    漢字・学名由来
    漢字 旭蟹、朝日蟹。
    由来・語源 ゆでていないのに赤いことから。
    地方名・市場名 [?]
    カブトガニ[兜蟹]
    場所鹿児島県種子島 
    ヨロイガニ
    生息域
    海水生。相模湾〜九州、沖縄、八丈島。アフリカ東岸、ハワイ、ニュージーランド、オーストラリア。
    水深20メートル〜50メートルの砂地。
    生態
    雄の方が大形になる。
    基本情報
    甲殻類はエビからヤドカリへ、そしてカニへと変化する。
    アサヒガニはヤドカリとカニの中間的な位置にある。
    そのためかカニが横歩きするのに対して前後に動く。
    相模湾などでもあがるが希で、まとまって取れるのは西日本、九州、沖縄など。
    そのためややローカルな食材。
    鹿児島県や沖縄県では観光資源のひとつでもある。
    本来珍しいものだったが、オーストラリア、タイなどからの輸入が増えて値が下がり、求めやすくなっている。。
    水産基本情報
    市場での評価 関東ではオーストラリアなどからの輸入ものが中心。値段は高値安定。
    漁法 カゴ漁、刺し網漁
    産地 オーストラリア、沖縄県、宮崎県、鹿児島県、タイ
    選び方
    原則的に生きているもの。持って重いものがよい。
    味わい
    旬は不明
    甲羅はやや硬め。
    身は詰まっており歩留まりがよい。
    みそは少なめだがうまい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる、みそ汁、焼く
    ゆでアサヒガニ
    ゆでる 基本的な料理法はゆでる、である。身が充実していて甲羅を割るとふくれだしてくるほど。この身が実に甘くて美味。みそはわずかであるがこちらも美味。みそは雌の方が多い。もちろん雌の内子も実に美味。
    アサヒガニのみそ汁
    みそ汁 ぶつ切りにして水から煮てみそを溶くだけ、という簡単至極な作り方。これが実にうまい。
    焼きアサヒガニ
    焼く 炭火などで焼きガニにしても味がいい。カニとエビの中間的な風味が楽しめる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■四月三日は、中種子の熊野神社に一晩泊まりでおまいりに行く、帰りには出店が多く並ぶので、かぶとがになどをおもやげに買って帰る。[種子島の食『聞き書 鹿児島の食事』]
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    アサヒガニがカニ(短尾類)にはいるのか、疑問を感じるときがある。カニの仲間はエビから進化して? 縦に長い体を折り畳み大きな甲羅に臓器を収納、尾を体の下に張り付けている。これがアサヒガニではやや不完全で、尾はまだ体の後部に伸びている。
    四国・九州以南に多いカニではあるが相模湾、駿河湾でも少量漁獲される。
    また関東の市場では国産ものは少なく値も張るが、オーストラリアなどからの輸入ものはよく見かける。この輸入アサヒガニは大きさも1キロ弱で揃っていて、値段が安い。1キロ1000円から1600円ほどである。しかも味もよい。英語では「スパナークラブ(SPANNER CRAB)」である。
    ◆食べてみる◆
    なんといっても素直に茹でて食べるのがいちばんうまい。なし割にすると身が飛び出してくるほどに詰まっている。このまっしろな身に甘味があり、とても旨い。味の傾向はズワイやタラバガニとは違ってさっぱりしている。料理法で面白いのはグリルである。縦二つ割りにしてオリーブオイル、白ワイン、塩コショウにハーブを添えてマリネ、これをグリルで焼く。
    参考文献・協力
    協力/『田中水産』(鹿児島県鹿児島市)
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
  • 主食材として「アサヒガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ