アカザ

Scientific Name / Liobagrus reini Hilgendorf,1878

アカザの形態写真

体長10cm前後になる。全体に赤褐色、小さい時は鮮やかに赤い。背鰭は2基、尾鰭は丸い。
アカザの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長10cm前後になる。全体に赤褐色、小さい時は鮮やかに赤い。背鰭は2基、尾鰭は丸い。ヒゲは3対。体長10cm前後になる。全体に赤褐色、小さい時は鮮やかに赤い。背鰭は2基、尾鰭は丸い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系ナマズ目アカザ科アカザ属

    外国名

    学名

    Liobagrus reini Hilgendorf,1878

    漢字・学名由来

    漢字 赤佐 Akaza
    由来・語源 岐阜県郡上八幡での呼び名。赤いため。

    地方名・市場名

    生息域

    淡水魚。川の上流、中流域。浅くて流れのある小石、ゴロタ石などの間。
    宮城県、秋田県以南、本州、四国、九州。日本固有種。

    生態

    夜行性。主に水生昆虫を食べている。
    昼間は石の下などに隠れている。
    産卵期は5〜6月。
    卵は石の下などに産みつける。
    鰭の棘に刺されると非常に痛む刺毒魚。

    基本情報

    日本固有種で清流の流れのある石などの中に隠れている、夜行性の魚。子供でも簡単につかまえられるために日本各地にたくさんの呼び名が残っている。
    ただ鰭の棘に毒があり指されると強く痛む。ただし痛みは長続きしない。これがために子供には格好の遊びの対象であるとともに痛い目にあった経験を持つ人も多いと思う。
    徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)貞光川では、本種を手でつかめるかどうかを子供が競ったものである。ときどき刺され痛い目にあうのだけど、とても懐かしい思い出である。
    岐阜県北部、福井県南部、徳島県美馬郡つるぎ町(貞光町)や同県那賀町(鷲敷町)などで食用となっていた。

    水産基本情報

    市場での評価 観賞用には売られているが、食用魚としては流通しない。
    漁法 筌、たきわけ(滝分け、滝脇)、登り落ち
    産地 岐阜県、福井県

    選び方

    原則的に生きているもの。痩せていないもの。

    味わい

    旬は春から初夏。
    胸鰭などに棘を持ち、刺されると非常に痛い。また長く痛みが続くこともある。体は軟らかい。
    ●絶滅危惧種なので地域での食文化を維持するくらいの利用にとどめたい。

    栄養

    危険性など

    鰭の棘に毒があり、刺されると痛みが続く。

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    アカザの料理法・レシピ・食べ方/煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
    アカザの煮つけ
    アカザの煮つけ 頭部は硬く棘が強いので取り去って料理する。しょうゆ味で煮ると、実に淡泊、それでいながら皮目などにうま味がある。

    アカザの唐揚げアカザの唐揚げ 頭部は硬く強い棘があるので取り去ってから料理する。片栗粉をまぶして二度揚げしたもの。身が柔らかいのでさくさくとして香ばしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    甘露煮 みりん、酒、砂糖などを使い、しょうゆは少量で煮たもの。[福井県奥越地方]
    なれずし ぬめりを取り、塩をして、塩出し、ご飯と漬け込んだ、なれずし。[福井県奥越地方]
    唐揚げ 硬い頭部を落としてかりっと揚げたもの。[郡上市]
    ガナッチョの煮つけ しょうゆ味で甘辛く煮ていた。[徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)・勝浦郡勝浦町]
    徳島県美馬郡つるぎ町半田では黒焼きにしてすり鉢ですり粉にする。これを薬にした。藤岡忠夫さん(徳島県美馬郡つるぎ町半田)

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 注/絶滅の危惧があるので協力者などは記さない。

    地方名・市場名

    アカモト
    場所兵庫県多可町八千代 参考門脇さん・廣田眞智子さん 
    ジャス ザス
    場所岐阜県下呂市萩原 参考20201224萩原若竹屋 
    アカザス
    場所岐阜県下呂市萩原・郡上市白鳥町 参考聞き取り、『萩原文庫6 萩原の風土と生きもの』(はぎわら文庫編集委員会 岐阜県益田郡萩原町 1984) 
    アカザ
    場所岐阜県郡上郡上保村 備考標準和名。 参考文献 
    ギギ
    場所徳島県美馬市木屋平 参考Mさん 
    ギギッチョ
    場所徳島県美馬市美馬町 参考2019年07月23日 つるぎ町貞光にて聞き取り 
    ガナ ガナハン
    場所徳島県美馬郡つるぎ町半田(1) 参考聞き取り 20181226 聞取 藤岡忠夫さん(徳島県美馬郡つるぎ町半田) 
    ガナッチョ オイシャハン[お医者はん]
    場所徳島県美馬郡つるぎ町貞光町・半田町 備考刺されていたいのが注射のときのよう。要するに医者が刺す(注射をする)ようなのだ。(貞光町) 頭を焼き、つぶして薬にしたため。昔は薬局が買い取りにきたとも。(半田町) 参考聞き取り 20181226藤岡忠夫さん(徳島県美馬郡つるぎ町半田) 
    カナギギ
    場所徳島県那賀町相生 備考「ぎぎ」としか記していないが、標準和名のギギではなくアカザだと判断した。徳島で「ぎぎ」はアカザのことであることが多くギギは「くろぎぎ」とすることが多い。 参考相生町の方言(徳島方言学会) 
    サソリ
    場所長野県松本平、静岡県天竜川 
    オバサン
    場所静岡県大井川・金谷 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    オオサシ
    場所静岡県天竜川・杉川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    ササラ
    場所静岡県天竜川・気田川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    ゲンレイ
    場所静岡県天竜川・水窪川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    サソウ
    場所静岡県天竜川・相川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    タキサワバンバ アカバー
    場所静岡県瀬戸川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    サスンバーサン
    場所静岡県菊川・小鮒川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    アカナマズ
    場所静岡県都築川・太田川 参考『静岡県の淡水魚-静岡県の自然環境シリーズ-』(静岡県生活環境部自然保護課 第一法規出版 1982) 
    アカッチョ
    場所徳島県美馬郡つるぎ町半田 参考聞き取り 
    アカギギ
    場所徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)貞光川 
    アカメラ
    場所岐阜県郡上市白鳥町 
    アカニコ
    場所福井県越前大野市[新井俊成] 
    アカメロ
    場所秋田県雄勝郡羽後町、横手市雄物川町 
    アカンタ
    場所福井県永平寺町[中野静枝] 
    チャンカレ
    場所岡山県新見市哲西町[上田修二] 
    ホトケ[仏]
    場所徳島県那賀郡那賀町(鷲敷町)[幸治] 
  • 主食材として「アカザ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ