アジのなめろう

みそを買うと、なめろうを作る


茨城県古河市を車で回っていたら、見事な造りの小澤糀店の前に出た。みそ屋をみつけたら買ってみる、それがボクの町巡りだ。古河市周辺で一般的だという米糀みそを買った。

いつもそうだが、初めての店でみそを買うと、「なめろう(みそたたき)」が作りたくなる。

必然的にアジを買う。

みその味から、ねぎではなく玉ねぎとしょうがの搾り汁だけで作ってみた。

三枚に下ろして腹骨、血合い骨を取る。玉ねぎはみじん切りにし、しょうがをすっておく。

皮を引いたアジの身も細かく切り、玉ねぎ、みそと合わせて叩く、しょうがの搾り汁を振り、またたたく。

少年が、「なめろう」を作る場面が安西水丸の小説にあったと思う。考えてみるとそんな簡単な料理だ。

糀がきいてほんのり甘味のあるみそが、「なめろう」に合う。

やはりうまいみそを買うと、「なめろう」を作りたい。


関連コンテンツ




サイト内検索

目次