コラム「ナマコの下ろし方」

ナマコの刺身


ナマコ(マナマコ)には塩味がある。水洗いして、適当に切るだけで刺身になる。

酢のものとか、茶振りとかあるが、基本的には処理したものを切るだけで、薬味の大根おろしや柑橘類だけで食べる方がおいしい。

筋肉は最初硬く感じるが唾液で溶けていく。たぶんだけど喉元から消化されながら胃袋に落ちていくので、すいすいと食べられてしまう。

この甘味を伴った渋味の心地よさはなんだろう。何物にもない味わいである。

ナマコの下ろし方1

ザルなどに入れて振り塩をして少し振ると体が締まる(この工程は必ずしもやらなくていい)。ざっと流水で水洗いする。

前後に肛門と口があり、少し硬いので切り取る。


ナマコの下ろし方2

体の下側を上にして切れ込みを入れて「このわた(消化管)」と「このこ(卵巣)」を出す。


ナマコの下ろし方3

内臓をていねいに取りだし、砂などを洗い流す。

体の内側にある硬い皮を剥がす。


ナマコの下ろし方4

食べやすい大きさに切る。あまり厚く切らない方がいい。



関連コンテンツ



サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト